アーカイブス

No.319

美術・工芸展示室

戦争とわたしたちのくらし17

平成20年5月20日(火)~7月13日(日)

主な展示資料

資料名称 時代 作者
町内会の予算・決算書 昭和14年、15年 新大工町(現・福岡市中央区黒門)
町内会の決議録 昭和15年 西門町(現・福岡市博多区上呉服町)
書籍『軍人式辞と挨拶集』 昭和13年 浩文社
千人針 昭和前期 製作者不詳
守り袋と護符 昭和前期  
チラシ(軍事郵便・愛国切手及葉書について) 昭和13年 熊本逓信局
チラシ「軍事郵便周知週間」 昭和14年 八幡郵便局、八幡市応召軍人援護課
小冊子「国民精神総動員常会ノ栞」 昭和12年~15年頃 製作者不詳
チラシ「申合せ」(銃後の心得) 昭和14年 大日本国防婦人会福岡支部
チラシ「銃後後援実践事項」 昭和14年 福岡県
つわもの鏡 昭和前期 錦城社
雑誌附録「皇軍慰問お人形帖」 昭和13年 実業之日本社
書籍『前線・銃後の手紙』 昭和18年 藤ふみ子著、雄鳳堂揺籃社発行
慰問袋 昭和前期 製作者不詳
慰問絵はがき 昭和前期 恩賜財団軍人援護会福岡県支部
たばこのパッケージ 昭和前期 煙草専売局
歯磨き粉 昭和前期 小林富次郎商店(現・ライオン株式会社)
軍事郵便用絵はがき 昭和前期  
書籍『野戦郵便旗』 昭和48年復刻 佐々木元勝著、現代史資料センター出版会発行
雑誌『写真週報』 昭和13年~18年 内閣情報部、情報局発行
ポスター「戦地へ年賀郵便」 昭和前期 郵便局
ポスター「戦地の営養 勝男武士」 昭和前期 東京鰹節問屋商業組合


参考図書
井上寿一『日中戦争下の日本』(講談社選書メチエ、2007年)
新井勝紘「パーソナル・メディアとしての軍事郵便」(『歴史評論』No.682、2007年)
新井勝紘「軍事郵便の基礎的研究(序)(『国立歴史民俗博物館研究報告』第126集、2006年)
鹿野政直『兵士であること』(朝日選書、2005年)
一ノ瀬俊也『銃後の社会史』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー、2005年)
特集「太平洋戦争で逝った父からの軍事郵便」(『ナショナル ジオグラフィック 日本版』No.128、2005年11月号)
一ノ瀬俊也『明治・大正・昭和 軍隊マニュアル』(光文社新書、2004年)
藤井忠俊『兵たちの戦争』(朝日選書、2000年)
向田邦子「卵とわたし」(文春文庫『父の詫び状』所収)

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
※7月20日(土)~8月25日(日)の金、土、日と8月12日(月祝)~8月15日(木)は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
休館日
月曜日(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)、12月28日~1月4日
※ゴールデンウィーク(4月28日(日)~5月6日(月・振休))と、お盆の週(8月11日(日)~8月18日(日))は休まず開館します。
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019