福岡市博物館
福岡市博物館

カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お知らせスタッフ通信『新修 福岡市史』より 官兵衛のおじいさん黒田重隆

2014.1.20

「軍師官兵衛」第3回,ご覧になりましたか?

官兵衛(1546~1604)を見守っていた祖父・重隆(しげたか,ドラマでは竜 雷太さん)が亡くなってしまいました。

 

『新修 福岡市史』資料編 近世1 領主と藩政

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kankou04.html

をめくってみると,196頁に,「黒田下野守重隆公」の名前が出てきました。

「御追号集」という,福岡藩主黒田家一族の法号と没年月日,菩提所等についてまとめた史料です。

六代藩主継高が隠居し,一橋家から養子に入った治之が七代藩主になったあと,明和9(1772)年に成立した史料だそうです。

 

「御追号集」によると,

重隆は,永禄7(1567)年2月6日に57歳で亡くなりました。

今の感覚では「まだ若いなぁ」と思いますが,当時の武士の平均寿命は42歳くらいともいわれますし,「人生五十年」ともいいますから,そんなに若死にではないのかもしれません。

 

官兵衛や長政以前の黒田家の歴史については,実はよくわかっていません。

官兵衛の父・職隆や祖父・重隆の墓所を探すというプロジェクトについて,

以前(平成23年3月8日~4月24日),福岡市博物館で「黒田家のご先祖さがし」という展示がありました。

この展示の解説リーフレットは,博物館のホームページで読むことができます。

http://museum.city.fukuoka.jp/archives/leaflet/382/index.html

 

『新修 福岡市史』は福岡市内の図書館で借りることができます(館によっては閲覧のみ)。

福岡市博物館1階のミュージアムショップ,福岡市役所1階の情報プラザ,ジュンク堂福岡店で購入することもできます。

 

『新修 福岡市史』の購入について,詳しくは,福岡市史のホームページをご覧ください。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kounyu.html