福岡市博物館
福岡市博物館

カレンダー

2014年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

お知らせスタッフ通信『新修 福岡市史』より 黒田二十四騎がぞくぞく登場

2014.2.3

「軍師官兵衛」第5回,ご覧になりましたか?

前半では,のちに福岡藩初代藩主・黒田長政になる官兵衛の長男・松寿丸が誕生しましたね。

 

最後のほうには,のちに「黒田二十四騎」に数えられることになる,

若い家臣たちがぞくぞくと登場してきました。

 

井上九郎右衛門(1554~1634,之房ゆきふさ,周防 ドラマでは高橋一生さん)

(母里)太兵衛(1556~1615,友信とものぶ,但馬 ドラマでは速水もこみちさん)

そして,第2回から登場している栗山善助(1551~1631,利安としやす,備後 ドラマでは濱田 岳さん)。

  

この3人は,長政(1568~1623)に仕えて活躍した「黒田二十四騎」のなかでも,

特に優れた功績をのこした,官兵衛(1546~1604)の時代からの家臣です。

  

黒田家が筑前に入ると,筑前の国境に築かれた6つの城=「六端城(ろくはじょう)」のうち,

井上之房は遠賀郡黒崎城(北九州市八幡西区)を

母里太兵衛は鞍手郡鷹取城(福岡県田川郡福智町,直方市)を任されました。

  

福岡城内の井上の屋敷は,鴻臚館跡展示館があるあたりから警固中学校の北側の一角。

母里の屋敷は,上の橋門の西側,旧平和台野球場の内野あたり,現在は鴻臚館の発掘調査が進んでいる一角です。

福岡城を散策する機会がありましたら,ちょっとぶらついてみてください。

  

岡垣町の地域交流センターでは「黒田官兵衛・井上周防ゆかり展」を開催中だそうです。

http://www.town.okagaki.fukuoka.jp/oa10014.html

  

そして,2月11日(火・祝)からは,

福岡市博物館2階の企画展示室2で,

「黒田二十四騎展4 官兵衛を支えた男たち」が始まります(4月13日まで)。

詳しくは,博物館だより『Facata』93号の6頁をご覧ください。

http://museum.city.fukuoka.jp/archives/facata/pdf/093/facata93.pdf

こちらも,お楽しみに!!

解説リーフレットは,こちら↓

http://museum.city.fukuoka.jp/archives/leaflet/425/

  

なにはともあれ,福岡城内の井上や母里の屋敷のことは,

『新修 福岡市史』特別編 福岡城─築城から現代まで─

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kankou08.html

の,近世の三の丸についての部分(131頁~)をご覧ください。

  

「特別編 福岡城」は,福岡市内の図書館で借りることができます。

購入について,詳しくは福岡市史のホームページをご覧ください。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kounyu.html