福岡市博物館
福岡市博物館

カレンダー

2014年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

お知らせスタッフ通信『新修 福岡市史』より 黒田長政の弟・熊之助

2014.2.10

「軍師官兵衛」第6回,ご覧になりましたか?

第5回放送で生まれたばかりの官兵衛の長男・松寿丸(のちの長政)も,大きくなりました。

長政は永禄11(1568)年生まれですから,

織田信長が足利義昭を追放し,室町幕府が滅亡した天正元(1573)年には,満5歳です。

  

さて,ドラマのなかでは,

妻の光(ドラマでは中谷美紀さん)や,光の父・櫛橋左京亮(ドラマでは益岡 徹さん)が,

官兵衛に側室をもつことをすすめるシーンがありました。

官兵衛は,きっぱりと側室をもつことを断るわけですが……

  

長政には兄弟がいないの? と,気になりまして……

  

『新修 福岡市史』資料編 近世1 領主と藩政

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kankou04.html

の頁をめくってみると,

「御追号集」という史料のなかの「御当家御正統御末子之部」に,

官兵衛(孝高)の息子として,黒田熊之助の名が登場(207頁)!!

慶長の役の際,父・官兵衛や兄・長政に加勢しようと,

中津城(大分県中津市)から朝鮮半島へ向けて船で出発し,

玄界灘で暴風のため亡くなったのだそうです。

天正10(1582)年生まれで慶長2(1597)年に16歳で亡くなったということですから,

長政とは15歳ほど年が離れていたようです(もちろん,熊之助の母は,官兵衛の正室・光です)。

  

熊之助のお墓は,

崇福寺(福岡市博多区千代)の黒田家墓所にあります。

http://bunkazai.city.fukuoka.lg.jp/cultural_properties/detail/452

父・官兵衛と兄・長政のお墓の間にあるそうですよ。

  

『新修 福岡市史』は福岡市内の図書館で借りることができます(館によっては閲覧のみ)。

福岡市博物館1階のミュージアムショップ,福岡市役所1階の情報プラザ,ジュンク堂福岡店で購入することもできます。

  

『新修 福岡市史』の購入について,詳しくは,福岡市史のホームページをご覧ください。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kounyu.html