福岡市博物館
福岡市博物館

カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お知らせスタッフ通信『新修 福岡市史』より お花見にでかける前に

2014.3.24

「軍師官兵衛」第12回,ご覧になりましたか?

天正5(1577)年,松永久秀(1510~77,ドラマではミッキー・カーチスさん)が信長に謀反を起こして攻められ,信貴山城(しぎさんじょう 奈良県平群町へぐりちょう)で自殺。

人質になっていた久秀の子どもは,殺されてしまう。

そんななか,官兵衛(1546~1604)は,10歳になった一人息子・松寿丸(1568~1623,のちの長政)を,信長への人質として差し出す……

 

松永久秀のあたりは,山田芳裕さんの漫画でアニメ化もされた『へうげもの』の第1席(第1話)を思い出しながら見ていましたが……

 

今回は,福岡城跡がシンボルの舞鶴公園の桜も咲き始めたので,

福岡城跡散策がさらに楽しくなる?かもしれない城内の屋敷配置についてです。

 

第2回の放送後には,栗山善助の屋敷

第4回の放送後には,官兵衛の隠居所・高屋敷,光が暮らした南の丸

第5回の放送後には,井上九郎右衛門,母里太兵衛の屋敷跡

第7回の放送後には,後藤又兵衛の屋敷跡

を紹介しました。

 

官兵衛の父・職隆(ドラマでは柴田恭兵さん)の屋敷で重陽の節句を祝っている場面で,

官兵衛の弟・兵庫(利高 1554~96,ドラマでは植木祥平さん)と並んで座っていた2人の少年。

実は,のちに修理(利則・養心 1561~1612)・図書(直之 1564~1609)と呼ばれ,黒田二十四騎に名を連ねる官兵衛の弟たちです。

彼らも福岡城の三の丸に屋敷がありました。

この二人の屋敷は,母里太兵衛と後藤又兵衛の屋敷の間に並んでいました。

上の橋の西側の太兵衛の屋敷の西隣り,鴻臚館跡の発掘現場の北西部分が黒田養心の屋敷,

その西側「福岡城むかし探訪館」のまわりが黒田図書の屋敷です。

http://fukuokajyo.com/access/

 

城内の屋敷配置について詳しく知るには,

『新修 福岡市史』特別編 福岡城─築城から現代まで─

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kankou08.html

が最適です!!

福岡城が完成したころの屋敷の配置図(135頁)のほか,現在の図,写真もたくさん掲載しています。

 

「特別編 福岡城」は,福岡市内の図書館で借りることができます。

購入について,詳しくは福岡市史のホームページをご覧ください。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kounyu.html