福岡市博物館
福岡市博物館

カレンダー

2014年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

イベント情報スタッフ通信『新修 福岡市史』より 「日光一文字」と「福岡」が登場

2014.6.30

「軍師官兵衛」第26回,ご覧になりましたか?
長政(1568~1623,ドラマでは松坂桃李さん)も一気に大人になり,
官兵衛(1546~1604,ドラマでは岡田准一さん)らは,高松城(岡山県岡山市)攻めの準備を着々と進め,
黒田家には,官兵衛の二男・熊之助(1582~97)が誕生!!
有岡城の牢番の子・玉松(のちの黒田一成,1571~1656)も元気なようですし,
市松あらため福島正則(1561~1624,ドラマでは石黒英雄さん)と
虎之助あらため加藤清正(1562~1611,ドラマでは阿部進之介さん)も大人になりました。
時は天正10(1582)年,6月2日の「本能寺の変」が迫っています。
 
さて,生まれたばかりの熊之助君のその後については,第6回の放送のあとにご紹介しましたので,ソチラをご覧ください。
 
ドラマのあとの官兵衛紀行で,
今回は,福岡市博物館蔵の太刀「日光一文字」(国宝)が登場しました。
これは,第1回放送のあとに紹介したように,
第1回冒頭の天正18(1590)年の豊臣秀吉の小田原攻めに関係する資料です。
小田原城の北条氏直(1562~91)が,北条氏と秀吉の間にたって,北条氏の降伏の仲介をした官兵衛に,そのお礼として贈ったものの一つです。
「北条白貝」(福岡市美術館蔵)という法螺貝とともに,7月26日(土)から福岡市博物館で開催する2014年NHK大河ドラマ特別展「軍師官兵衛」で,9月21日(日)までの全期間,観ることができます。
お楽しみに!!
 
「日光一文字」「北条白貝」が北条氏から譲られたものであることは,
『新修 福岡市史』資料編 近世1 領主と藩政 の259頁,「黒田御家御重宝御武具故実」の「北条白貝」の項にしっかり書かれています。
 
また,今回の官兵衛紀行では,岡山県瀬戸内市長船の福岡が,紹介されました。
福岡県福岡市の地名のルーツになったといわれている,黒田家ゆかりの土地です。
官兵衛・長政が「福崎」の地に築いた城が「福岡城」です。
「軍師官兵衛」展が開幕する7月26日(土)には,
第10回福岡市史講演会「福岡城とは何か」も開催です!!
入場は無料ですが,事前の申し込みが必要です。
詳しい内容や講演会のチラシは,コチラをご覧ください。
皆さまのご来場をお待ちしています。