福岡市博物館
福岡市博物館

カレンダー

2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スタッフ通信『新修 福岡市史』より 福岡城で官兵衛が暮らした場所

2014.7.14

「軍師官兵衛」第28回,ご覧になりましたか?
天正10(1582)年6月2日,本能寺の変です。
官兵衛(1546~1604,ドラマでは岡田准一さん)は信長(1534~82,ドラマでは江口洋介さん)の死の知らせを受け,動揺するものの,秀吉(1537~98,ドラマでは竹中直人さん)に天下を取らせるために動き出す…
というお話でした。
 
久しぶりに小寺政職(1517~82,ドラマでは片岡鶴太郎さん)が登場でしたが,
官兵衛に息子の斎あらため氏職(ドラマでは柳下 大さん)を託し,息を引き取りました。
第17回のあとに紹介したように,官兵衛はこの約束を守り,
黒田家が筑前に入ったのち,氏職は招かれて福岡にやってきて,その子孫は福岡藩士となりました。
 
さて,「ふくおか市政だより」中央区版の7月15日号には
「官兵衛と福岡城」第4回 官兵衛の福岡での住まいが掲載されています。
官兵衛(如水)の福岡城内の隠居屋敷(御鷹屋敷,御高屋敷と呼ばれた)については,
「軍師官兵衛」第4回放送後に,少し紹介しました。
 
この隠居屋敷については,
『新修 福岡市史』特別編 福岡城─築城から現代まで─の131頁から132頁あたりもお読みください。
また,城内に置かれていた歩兵第24聯隊の様子を描いた鳥瞰図(明治29・1896年発行)では,隠居屋敷跡に将校集会所があったことが分かります。
この鳥瞰図は,178頁と179頁に見開きで大きく掲載していますので,是非,ご覧ください。
 
『新修 福岡市史』は,福岡市内の図書館などで借りる(館によっては閲覧のみ)ことができますが,購入について詳しくは,福岡市史のホームページをご覧ください。