福岡市博物館
福岡市博物館

カレンダー

2014年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

スタッフ通信『新修 福岡市史』より 黒田二十四騎の新メンバー登場

2014.9.16

「軍師官兵衛」第37回,ご覧になりましたか?
宇都宮鎮房(1536~88,ドラマでは村田雄浩さん)と和睦し,なんとか豊前(福岡県東部と大分県北部)も落ち着いたか?
というところで,秀吉(1537~98,ドラマでは竹中直人さん)の命令で,苦渋の決断を迫られる黒田家……
「悲劇」なお話でした。
 
さて,その悲劇の中で,地味に新顔の黒田二十四騎が登場していましたが,
お気づきになりましたか?
 
供を別室に控えさせて,宇都宮鎮房がただ一人で長政と対面する場面です。
長政(1568~1623,ドラマでは松坂桃李さん)に「太郎兵衛」と呼ばれていた部屋の隅に控えていた若者です。
野村太郎兵衛祐勝(1560~97,すけかつ,ドラマでは渡辺慎一郎さん)です。
母里太兵衛(1556~1615,ドラマでは速水もこみちさん)の弟で,二十四騎の一人ですが,慶長の役(1597~98)目前に中津(大分県中津市)で亡くなっています。
 
後藤又兵衛(1560~1615,ドラマでは塚本高史さん)の娘が
この野村太郎兵衛祐勝の息子・祐直に嫁いでいて,
又兵衛が福岡を去ったあと,福岡城内の又兵衛の屋敷跡は,
祐直に与えられたようです。
このあたりの話は,
『新修 福岡市史』特別編 福岡城─築城から現代まで─の143~144頁の「後藤又兵衛屋敷の変遷」にあるので,ご一読ください。
 
『新修 福岡市史』は,福岡市内の図書館等で借りる(館によっては閲覧のみ)ことができますが,購入について詳しくは,福岡市史のホームページをご覧ください。
『新修 福岡市史』の販売店舗が増えています。