福岡市博物館
福岡市博物館

カレンダー

2014年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

スタッフ通信『新修 福岡市史』より 九郎右衛門の活躍

2014.11.28

「軍師官兵衛」第47回,ご覧になりましたか?
「如水謀る」。
いよいよ慶長5(1600)年に入り,関ヶ原の戦いが目前です。
長政(1568~1623,ドラマでは松坂桃李さん)は,長年連れ添った糸(1571~1645,ドラマでは高畑充希さん)を離縁し,家康の養女・栄(1585~1635,ドラマでは吉本実憂さん)と婚礼をあげるという難しい決断を下しました。
若武者だった長政も,家督を継いで,年齢も30歳をこえ,
天下の情勢を睨みながら,黒田家の行く末を考える当主に成長にしていたのですね。
 
そんな頼もしくなった息子・長政に「大坂のことはまかせる」と告げ,
官兵衛(如水 1546~1604,ドラマでは岡田准一さん)は中津(大分県中津市)に戻りましたが,善助(1551~1631,ドラマでは濱田 岳さん)と太兵衛(1556~1615,ドラマでは速水もこみちさん)を大坂に残しました。
彼らの大活躍で,官兵衛の妻・光(1553~1627,ドラマでは中谷美紀さん)と長政の妻・栄は,難を逃れるのですが,
これは,次回「天下動乱」でのお話。
 
官兵衛にしたがって中津へ戻った九郎右衛門(之房ゆきふさ,周防 1554~1634,ドラマでは高橋一生さん)は,善助と太兵衛が大阪で活躍している頃,九州の戦場で活躍します。
このあたりのことは,
最新刊『新修 福岡市史』資料編 近世2 家臣とくらしに収録している「増益黒田家臣伝」の巻之一の最初に登場する「井上周防之房伝」(46~47頁)をご覧ください。
 
『新修 福岡市史』は,福岡市内の図書館等で借りる(館によっては閲覧のみ)ことができますが,購入について詳しくは,福岡市史のホームページをご覧ください。
ただし,最新刊については,現在,配本作業中です。
店頭での販売は開始していますが,
図書館で閲覧・貸出が可能になるのは,もう少し先になると思いますので,ご了承ください。