福岡市博物館
福岡市博物館

カレンダー

2020年5月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お知らせ スタッフ通信 『新修 福岡市史』より 信長の手紙

2014.3.10

「軍師官兵衛」第10回,ご覧になりましたか? 

突然,毛利の水軍が英賀(あが,姫路市)に現れて,さぁ大変!! 

毛利軍は5000人の大軍,小寺・黒田の手勢は1000人…… 

官兵衛の奇策で,なんとか,毛利軍を退けることができて,めでたし,めでたし。 

しかし,摂津(大阪)の戦で,織田軍が毛利軍に大敗!! 

という知らせが…… 

  

ハラハラ,ドキドキ,ハラハラのお話でした。 

  

さて,大河ドラマでは番組の最後に「官兵衛紀行」というコーナーがあります。 

今回は,「英賀城土塁跡(英賀神社)」が取り上げられ, 

英賀の合戦での官兵衛の働きを褒めた,信長の手紙も紹介されていました。 

  

お気づきになりましたか? 

この信長の手紙,福岡市博物館所蔵の資料なのです。 

  

もう一度,じっくりとご覧なりたい方は, 

福岡市博物館発行の『黒田家文書』第一巻をご覧ください。 

本編の110頁に丁寧な解説つきで収録しています。 

影印本の74頁には白黒写真があります。 

『黒田家文書』については,福岡市博物館ホームページの「ミュージアムショップ」をご覧ください。 

http://museum.city.fukuoka.jp/about/shop.html  

 

もちろん『新修 福岡市史』にも収録しています!! 

「資料編 中世1 市内所在文書」 

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kankou01.html 

677頁に信長の手紙と,信長の手紙に添えられた荒木村重の手紙を並べて掲載しています。 

別冊の「花押・印章集」73頁には,信長の「天下布武」の印章もあります。 

  

 また,この信長の手紙は,

7月26日から福岡市博物館で開催する特別展「軍師官兵衛」でも展示予定だそうです。

お楽しみに!!

 

『新修 福岡市史』は、市内の図書館で借りることもできます(館によっては閲覧のみ)が、 

博物館のミュージアムショップ、市役所1階の情報プラザ、ジュンク堂福岡店で、購入することもできます。

 

購入については、福岡市史のホームページをご覧ください。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/shishi/kounyu.html