展示・体験学習室

福岡ミュージアムウィーク2018

福岡市では、博物館・美術館の役割を広く周知するために制定された「国際博物館の日」(5月18日)を含む週に、 前後の土日を加えた期間を「福岡ミュージアムウィーク」としています。
期間中は市内19の参加施設において、常設展示観覧料・入館(園)料が無料または割引となります。
福岡市博物館でも、下記のとおり様々なイベントを実施しますので、ふるってご参加ください。

※各施設へのイベント等の詳細は、下記リンクをご覧ください。
http://f-museum.city.fukuoka.lg.jp/museumweek

常設・企画展示観覧料無料

ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

福岡市博物館
常設展示室では、国宝金印「漢委奴国王」、博多祇園山笠などの福岡の歴史とくらしを紹介。
企画展示室では名鎗「日本号」をはじめ、福岡藩主黒田家に伝来した黒田家資料などを鑑賞できます。
また、特別展レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展は,ミュージアムリーフレット持参により団体料金を適用し、大人1,100円、高大生700円、小中学生300円になります。

常設展クイズ

ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

常設展示室でクイズに挑戦!
全問正解者にはポストカードなど記念品を進呈します。
【場所】 2階 常設展示室
[定員] なし
【申込】 不要
【参加費】 無料


バックヤードツアー

5月12日(土)11:00~12:00

普段は見ることができない福岡市博物館の裏側をご案内します。
【場所】 1階 講座室1に集合
【定員】 30名
【申込】 当日先着順(10:30~整理券配布)
【参加費】 無料

ワークショップ「金印をつかってみよう!」

5月13日(日) 13:00~15:00(随時)

福岡市博物館
実物大の金印レプリカ(複製品)で、当時の使い方を体験します。
【場所】 1階 グランドホール
【定員】 100名
【申込】 不要
【参加費】 無料

福岡市博物館特別展「浄土九州―九州の浄土教美術―」
プレイベント講演会

浄土九州―九州の浄土教美術―

地蔵十王図(鹿児島県歴史資料センター黎明館蔵)

5月19日(土) 14:00~15:30

九州が浄土なら京都は地獄。地獄の主役となるエンマと地蔵菩薩,そして脇役たちをご紹介します。
【講師】 石川知彦(龍谷大学ミュージアム教授)
【場所】 1階 講堂
【定員】 240名
【申込】 不要
【参加費】 無料

伝統工芸「黒田節ロボット」参上

5月20日(日) ①11:30~11:45 ②13:30~13:45

福岡市科学館の協力で、ロボットが黒田節の舞などを披露します。
伝統工芸「黒田節ロボット」
【場所】 1階 グランドホール
【定員】 なし
【申込】 不要
【参加費】 無料

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019