展示

  常設展示と企画展示の2つに分かれています。常設展示(2,121平方メートル)は、「FUKUOKA アジアに生きた都市と人びと」をテーマに福岡の歴史と民俗を紹介しています。企画展示は本館所蔵の資料や市内外の文化財を、学芸員の設定したテーマに沿って定期的に展示替しています。

企画展示

歴史や文化に関するさまざまなテーマを設け、博物館資料や館外の文化財を展示しています。4室あり、2ヶ月程度で展示替えをします。

常設展示

「FUKUOKA アジアに生きた都市と人びと」をテーマとし、福岡の歴史と人々のくらしを紹介しています。展示は、11のコーナーに分かれています。始まりと締めくくりのコーナーは、多くの人が知る福岡の代表的な文化遺産がテーマ。コーナー1では、国宝 金印「漢委奴国王」、コーナー11では「博多祇園山笠」について取り上げています。

常設展示の詳細はこちら

体験学習室(みたいけんラボ)

みたいけんラボロゴアジア各地、九州のおもちゃや楽器、衣服、生活の道具などがあります。自由に手にとったり、音を出したりして下さい。友達どうしや親子でゲームをしたり、民族衣装を着て写真を撮ったり、さまざまな体験ができます。