• ホーム
  • No.505 ふくおか発掘図鑑8

企画展示

企画展示室3
ふくおか発掘図鑑8

平成29年12月12日(火)~平成30年4月1日(日)

はじめに
新発見の漢鏡「長宜子孫」銘 内行花文鏡(仲島遺跡第5次調査)
新発見の漢鏡「長宜子孫」銘 内行花文鏡
(仲島遺跡第5次調査)

 「ふくおか」には約三万年の歴史があります。その遺跡は市内だけでも一〇〇〇箇所以上で、これまで二五〇〇件を超える発掘調査が行われました。その多くは開発工事によって失われる遺跡の情報を後世に伝えるための調査です。遺跡の発掘調査は都市開発の代償として進展してきましたが、その成果は一つの調査での歴史的な大発見から、地道な調査の積み重ねによって明らかになってくる歴史まで、実に様々です。調査時には見逃されていたものの、その後の調査研究によって、その重要性が再発見されることもあります。
 今回で8回目を迎える企画展示「ふくおか発掘図鑑」では、近年の注目すべき発掘調査成果を中心に紹介するとともに、これまで収蔵庫であまり日の目をみなかった資料にも注目して逸品を掘り起こ してみました。

❶ 縄文の谷
縄文時代早期の人々が暮らした谷を掘る(元岡・桑原遺跡群第58次調査)
縄文時代早期の人々が暮らした谷を掘る
(元岡・桑原遺跡群第58次調査)

 福岡市域の西端、糸島平野の北東部に位置する元岡(もとおか)・桑原(くわばら)遺跡群(西区)の第58次調査では縄文時代早期前半の遺構、遺物が良好な状態で発見されました。約九〇〇〇~八〇〇〇年前の土器や石器が多く出土し、その形態変化を層位的に確認することができました。石を敷き詰めて炉とした遺構や黒曜石を選別して保管した遺構などもみつかっており、縄文時代初期に谷や崖下で暮らした人々の生活の痕跡とみられます。縄文時代早期前半は現在よりも寒冷でしたが、温暖化の途上にあり、市内域でも遺跡が増加しています。人口増加と定住化が進み、弓矢や槍による狩猟とドングリなど植物質食料の採集が活発になり、漁労活動もはじまりました。

❷ 続々発見!弥生時代の青銅器
甕棺と青銅器を掘る(顕孝寺遺跡)
甕棺と青銅器を掘る(顕孝寺遺跡)

 日本列島では紀元前3世紀頃(弥生時代中期初頭)から青銅器をはじめとする金属の使用が本格化しました。初期の青銅器は朝鮮半島に由来するものが多いですが、その流入とともに北部九州でも青銅器生産がはじまりました。有力者のお墓には青銅武器などが権威の象徴として副葬(ふくそう)されました。今年度、史跡公園としてグランドオープンした吉武高木(よしたけたかぎ)遺跡(西区)がその代表的な遺跡です。その発見の後も福岡市域では初期青銅器の発見が続いています。

青銅武器(岸田遺跡473号甕棺)
青銅武器(岸田遺跡473号甕棺)

 岸田(きしだ)遺跡(西区)は吉武高木遺跡と同じ室見(むろみ)川流域の遺跡ですが、より上流に位置し、弥生時代の生活圏では早良(さわら)平野の最奥地になります。吉武高木遺跡と同時代の甕棺(かめかん)や木棺墓(もっかんぼ)の一部の副葬品として、剣、矛(ほこ)、把頭飾(はとうしょく)(剣の柄(え)の端部に取り付ける金具)といった青銅器が全部で9点みつかっています。このような青銅器を副葬した墳墓(ふんぼ)は早良平野を中心に発見例が増えてきましたが、近年、福岡市東部の多々良川(たたら)流域の顕孝寺(けんこうじ)遺跡(東区)で青銅器を副葬した甕棺墓が発見され、剣と矛など6点の青銅器がみつかっています。
 紀元前1世紀以降は銅鏡をはじめとする漢代の文物の流入が増えます。今年度、仲島(なかしま)遺跡(博多区)でみつかった銅鏡は蝙蝠座内行花文鏡(こうもりざないこうかもんきょう)と呼ばれるタイプで、後漢代の1世紀末から2世紀前半頃に華北地域で作られたと考えられている鏡です。弥生時代後期の土器とともに出土しており、弥生時代の年代を考えるうえでも注目されています。

❸ 田んぼの下から前方後円墳!
盾持埴輪(拝塚古墳)
盾持埴輪(拝塚古墳)

 前方後円墳などの古墳は高い墳丘をもつため、現在でも地表上に残存しているものが少なくありませんが、早良平野最大の前方後円墳は水田の下から発見されました。入部(いるべ)地区の沖積地の圃場整備にともなう発掘調査で、古墳の周囲を巡る溝や葺石(ふきいし)がみつかり、全長75mにも及ぶ前方後円墳が姿を現しました。拝塚(はいづか)古墳と呼ばれています。埋葬施設は消失していましたが、古墳の周りに立て並べられた埴輪(はにわ)などが多く出土しました。埴輪は壺形を中心に、円筒形や、「朝顔形(あさがおがた)」(壺と円筒形を一体にした形)のほか、建物や武具などの器財、人物の形をした「形象埴輪(けいしょうはにわ)」もあります。時代は5世紀の初め頃。九州の豪族が埋葬された大形の前方後円墳を中心に埴輪が樹立され、埴輪の種類も増えます。特に拝塚古墳出土の盾(たて)を持ち冑(かぶと)を被った武人を表現した埴輪は九州の人物形埴輪としては最古の資料になります。本展示では拝塚古墳のほか、鋤崎(すきざき)古墳(西区)など時代の近い前方後円墳の埴輪も紹介します。
 古くから大陸の先進的な文物を受容してきた北部九州ですが、古墳時代においても対外交流は豪族にとって権力の基盤となるものでした。古墳時代中期の5世紀頃は鉄や馬などの新たな技術を朝鮮半島から導入した時代ですが、早良平野では吉武遺跡群(西区)など、朝鮮半島からの渡来人が多く居住したとみられる遺跡があり、地域経営を支えていたと考えられます。

❹ 「薩摩塔(さつまとう)」初の発掘調査出土例
薩摩塔の破片(箱崎遺跡第84次調査)
薩摩塔の破片(箱崎遺跡第84次調査)

 中世の貿易都市として栄えた博多(はかた)遺跡群や箱崎(はこざき)遺跡(東区)からは、その賑わいがうかがえる膨大な量の遺物が出土していますが、最近の調査で初めて薩摩塔と呼ばれる石造物の破片が出土しました。最初に鹿児島県の事例が注目されたためにこう呼ばれていますが、中国式の特殊な石塔です。基本形は須弥壇(しゅみだん)の上に壺形の塔身(とうしん)があり、さらに屋根がのります。

白磁犬像(博多遺跡群第213次調査)宋商人の愛玩品か
白磁犬像(博多遺跡群第213次調査)
宋商人の愛玩品か

 須弥壇の四面に四天王像など、塔身の龕がん中に尊像が表現されます。石材の多くは中国浙江省寧波産の梅園石(ばいえんせき)とみられています。分布は九州で約40例が知られ、鹿児島のほか、平戸から福岡平野周辺などの西北九州に多く分布します。福岡市域でも寺社などに伝わるものや油山天福寺(あぶらやまてんぷくじ)跡での採集品がありましたが、発掘調査での出土は全国初となります。薩摩塔の発見地は宋代の中国商人との関わりが深い地が多く、彼らの信仰に関わる産物と考えられています。(森本幹彦)

おもな展示資料

主な展示資料(時代/出土遺跡)
・石器・土器 (縄文時代早期ほか元岡・桑原遺跡群)
・銅剣、銅矛ほか (弥生時代中期岸田遺跡、顕孝寺遺跡)
・人面付銅戈 (弥生時代中~後期入部丸熊遺跡ほか)
・内行花文鏡ほか (弥生時代後期/後漢代仲島遺跡)
・彩文土器 (弥生時代前期雀居遺跡)
・ひょうたん形土器 (弥生時代中期元岡・桑原遺跡群)
・絵画土器ほか (弥生時代後期大原B 遺跡)
・盾持(人)埴輪、朝顔形埴輪、壺形埴輪 (古墳時代中期拝塚古墳)
・円筒埴輪、朝顔形埴輪 (古墳時代中期鋤崎古墳)
・鋤崎古墳(前方後円墳)墳丘模型
・舟形木製品レプリカ (原品は古墳時代中期吉武遺跡群)
・朝鮮半島系土器、須恵器、土師器 (古墳時代中~後期吉武遺跡群)
・薩摩塔 (鎌倉時代箱崎遺跡、博多遺跡群)
・白磁犬、文様陶硯 (平安~鎌倉時代博多遺跡群)