• ホーム
  • No.550 電気紋織-博多織から生まれた技術革新-
企画展示

企画展示室4
電気紋織-博多織から生まれた技術革新-

令和2年1月28日(火)~4月12日(日)

タペストリー「ベーブルース」
タペストリー「ベーブルース」
はじめに

 昭和の初め、博多織のふるさと・福岡で、ある織機が誕生しました。それは博多織元であった中西金作が発明した「電気的紋織装置(以下 電気紋織機(でんきもんおりき))」です。これは、従来のように型紙である紋紙(もんがみ)を準備することなく、書画や図面はおろか写真の柄まで、その場で織り出す画期的なものでした。

電気紋織発明まで―中西金作の歩み

 中西金次郎の次男として明治35(1902)年に生まれた金作は、福岡男子高等小学校に進学するも父の意向により2年目で中退しました。その後、大正11(1922)年、金作は太刀洗(たちあらい)の飛行隊に志願し、入隊しました。飛行隊では一般兵科訓練が終わると飛行機、電気、無線、有線通信などの特業に分かれており、金作は無線を志望しました。軍隊での無線修行は、後に電気紋織機を発明する上で大きなプラスとなりました。

 兵役を終えたその年に、父金次郎が御大典献上のテーブルクロスの製作に何万枚にも及ぶ膨大な紋紙を用意して取り掛かる姿を目の当たりにしました。他の繊維工業界は紡績から染色整理に至るまで機械化されているにも関わらず、紋織過程だけが手仕事のまま取り残されていることを嘆き、これが電気紋織機を発明する動機となりました。

 電気紋織のアイディアが浮かんだのは、濃霧警報の自動装置に関する記事と写真を目にしたことがきっかけでした。これは、海峡の両岸に2つの灯台があって一方から他の方に光を出しておくと海峡に濃霧が発生して、この光が遮られると警鐘が自動的に鳴り出すという装置でした。これを見た金作は、この原理を応用して紋紙なしに織物を織ることができないだろうかと考えました。そのためには、光の強弱を電気エネルギーに変換する光電管(こうでんかん)が必要不可欠でした。

 大正15(1926)年の春、特許出願に関することで上京した際、上野の不忍池のそばの展覧会を覗くと、「感光性発電地」というものが東京市財団法人理化学研究所から出品されていました。翌日には早速同研究所を訪ね、昭和3(1928)年まで同研究所で紋織機の研究に専念することになります。

 この間、見聞を広めるために、金作は様々な展示を熱心に見て回りました。東京市電気研究所の展示を見に行った際、職員に声を掛けたところ同研究所で光電管を作っていることが分かりました。そこで、同研究所に光電管を作ってもらい、金作のアイディアがいよいよ実現することになりました。そして、苦心の末、昭和5(1930)年に電気的紋織機を完成させることができました。

 その間、外国特許24件、日本特許70件、日本実用新案37件をとり、これらの発明が評価されたことによって昭和7(1932)年に恩賜(おんし)発明賞、翌年に朝日賞を受賞、昭和46(1971)年には黄綬褒章(おうじゅほうしょう)を授与されています。

電気紋織とは―従来の博多織との相違点

 まず、明治中期頃までの博多織は機織機(はたおりき)を用いた手織りの時代でした。機織の基本的な原理は、経糸(たていと)を張りその間に緯糸(よこいと)を通すもの【図1】で、その通し方と糸の素材などによって文様(もんよう)をつけていくものです。人力によって織られることもあり、複雑な文様を織ることはなかなか困難でした。

図1

 織物業界では明治の文明開化を機に政府の勧業奨励政策を受け、イギリスやフランスなどの紡績機や織機の調査を行い、西欧の先進技術の導入が図られていました。博多織に適した織機として、フランスのジョセフ・マリア・ジャカールが1802年に発明した紋織機「ジャカード」が明治7(1874)年に導入され、模範工場もでき、日本式に改良されていきます。一般の織物工場に取り入れられ始めたのは、明治17(1884)年頃からです。これは、1枚ずつの穿孔(せんこう)した(穴をあけた)紋紙(パンチカード)【図2】を綴(つづ)ってジャカード機にセットすると、穴の有無によってそれぞれの針が上下運動を行い、経糸を上下に分けていきます【図3】。つまり、紋紙の穴のあるところは経糸が持ちあがり(経糸が上になる)、反対に穴のないところは経糸が持ちあがらない(経糸が下になる)仕掛けになっています。この紋紙で意匠(いしょう)(文様)を組むことによって複雑な織を可能としました。

図2
図3

 ただ、経糸1,000本、緯糸2,000本を要するデザインなら、1枚の紋紙に最大で1,000個の穴ができ、それが2,000枚必要ということになります。複雑な織りを可能にする一方で、この紋紙を用意するために膨大な時間と労力を要すことが大きな課題であり、金作が電気紋織機を開発した動機の一つでした。

 電気紋織の仕組み【図4】は、まず原画を左右に動くドラム(円筒)に巻きつけて回転させながら光を当て、光電管がスキャナーのように濃淡や光沢度などの差異を反射光から捉え、電気エネルギーに変換します。その後、増幅器、光電流分電器を経て電磁選出装置に送られると、目的の針を自動選別し、マグネットの作用で経針が上下します。そこに緯糸を通して織っていくことで織機がまるでプリンターのような役割を果たすわけです。この技術によって人物、風景、名画など様々な図柄を緻密に表現することを実現しました。

図4

 従来のジャカード機は、まず原図を基に紋紙を作り、それらを綴って織機にかけました。しかし、電気紋織ではこれらの煩雑な工程を必要とせず、原図から直接織ることができる点で極めて画期的でした。

 さらに、電気紋織機には紋紙製造装置も付属しており、織りを行うと同時に紋紙を自動的に作ることができました。この紋紙が記憶装置の役割を果たし、従来のジャカード機に掛けることで同様の織りを再現することができました。この紋紙製造装置も革新性の一つといえます。

 ところが、この画期的な電気紋織機が後の博多織機の主流となったわけではありませんでした。不景気や戦争の影響を受け、またあまりに革新的すぎたため、旧来の技術者から仕事を奪いかねないとの批判もあり、金作独自の技術にとどまってしまったのです。電気紋織は時代を先取りしすぎて、博多織の歴史の中に埋もれてしまった幻の技術でした。(石井和帆)

参考文献

・並木覚(1981)「中西金作氏の発明 大正期に光電管を利用した紋織機」『産業考古学No.19』
・博多織工業組合(2008)『博多織史』
・柳猛直(1978)『ハカタ巷談 第3巻』博文舎
※図1は並木覚氏の論考を参考に作成。図4は中西金作の特許図面を基に作成。