アーカイブス

開館25周年 博多湾岸《金印ロード》プロジェクト

平成27年10月18日、開館25周年をむかえた福岡市博物館は、博多湾岸《金印ロード》プロジェクトに取り組んでいます。これは、福岡を代表する国宝 金印「漢委奴国王」が発見された志賀島、金印のあるまちシーサイドももち地区の2つの地域コミュニティとともに、さまざまな人と力をあわせながら、博多湾岸の歴史の魅力を発見・発信していくプロジェクトです。

トークセッション

博多湾の歴史と都市の哲学 ~「シーサイドももち」と「博物館」~

ももちはまタワーと博物館
福岡市博物館は、今から、昭和60年(1985)11月、現在の場所に建設されることが決まりました。当時のシーサイドももちは、埋立てが完了したばかりの何もない土地でした。そこから30年、この地区は、多くの人びとが住み、働き、学び、集う美しいまちに成長しました。福岡市博物館は、今から、昭和60年(1985)11月、現在の場所に建設されることが決まりました。当時のシーサイドももちは、埋立てが完了したばかりの何もない土地でした。そこから30年、この地区は、多くの人びとが住み、働き、学び、集う美しいまちに成長しました。
福岡市が、自らの目指す姿を「海に開かれたアジアの交流拠点都市」と定め、海に拓いたまち・シーサイドももち。そのまちで、アジアと交流する海に面した都市の歴史を紡ぎつづける博物館。その25周年を記念し、まちづくりの現場と歴史研究の現場から、博多湾の歴史と都市戦略を振り返り、地域とミュージアムの未来を展望します。

博多湾の歴史と都市の哲学 ~「シーサイドももち」と「博物館」~チラシ

↑クリックで拡大

【日時】 平成27年12月11日(金) 14:30~
【会場】 福岡市博物館 講堂(1F) 定員240人

【プログラム】

第1部 博多湾岸の図像学 ~歴史資料にみる福岡の湾岸戦略~
「博多湾の江戸時代」
講師 又野 誠(福岡市博物館学芸係長・近世史)
「昭和前期の観光鳥瞰図を絵解きする」
講師 有馬 学(福岡市博物館長・近代史)
第2部 シーサイドももちに見る福岡のまちづくり戦略
「シーサイドももちプロジェクトの経緯」
講師 上瀧 今佐美(福岡市 住宅都市局大学移転対策部長)
第3部 対談「まちづくりの歴史・まちづくりと歴史」
上瀧 今佐美 × 有馬 学

金印缶バッジ★ガチャガチャ in 志賀島ぐり~ん号

金印缶バッジを志賀島島内を走る路線バス車内にて販売。金印の謎とロマンをカプセルに詰めてお届けします。

志賀島ぐり~ん号
★200円/1回
★販売期間 10月10日(土)~12月13日(日)

第9回 志賀島金印まつりでワークショップ

本日開催! 福★おかし博物館 〜チョコレートで金印をつくろう〜
10月17日(土) 13:00~14:30 ※終了しました
場所:シカシマサイクル(〒811-0323福岡県福岡市東区志賀島417-2)
参加料:500円(1人)
定員:5組10名

 ご参加には事前の申し込みが必要です。応募の方が多数の場合は抽選。
 往復はがき、FAX、メールのいずれかに、
お名前(ご参加者2名とも)
郵便番号
ご住所
電話番号(連絡のつきやすいもの)
FAX番号(FAXでお申し込みの方)
返信用の宛先(往復はがきでお申し込みの方)
 を明記のうえ、下記までお申し込みください。
〒814-0001 福岡市早良区百道浜3丁目1の1 福岡市博物館 「しかのしま金印チョコ」係
FAX番号:092-845-5019
メールアドレス:fcmuseum@city.fukuoka.lg.jp
締め切り 10月5日(月)必着 ※13日(火)まで延長しました

博多湾岸《金印ロード》プロジェクト*シンポジウム

志賀島から考える福岡の文化資源
平成27年10月25日(日)13:30〜17:00 ※終了しました
講演1 「万葉集と鴻臚館の時代」菅波正人(福岡市文化財部鴻臚館跡整備係長)
講演2 「志賀島の信仰と美術」末吉武史(福岡市博物館 主任学芸主事)
講演3 「蒙古襲来」堀本一繁(福岡市博物館 主査)
講演4 「志賀島のまつりと文化」松村利規(福岡市博物館 主任学芸主事)

司会 有馬 学(福岡市博物館長)
コメンテータ 千 相哲氏(九州産業大学教授)
金印論争終結!?
平成27年11月8日(日) 13:30〜17:00 ※終了しました
基調講演(60分) 「金印論争終結宣言―複眼的資料論から-」 石川日出志氏(明治大学教授)
講演1(20分) 「金印の発見と江戸時代の論争」 宮野弘樹(福岡市博物館 学芸員)
講演2(20分) 「挑戦!金印スイーツ」 本田浩二郎(福岡市博物館 主任文化財主事)
ディスカッション

コーディネーター:大塚紀宜(福岡市文化財部埋蔵文化財審査課 主任文化財主事)
文化庁
博多湾岸《金印ロード》プロジェクトは、文化庁「平成27年度 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」採択事業です。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019