アーカイブス


セヌウのミイラのマスク
(中王国時代、第13王朝、
約3800年前)
   

  ファイアンス製胸飾り(新王国時代、第18王朝、約3500年前)


ツタンカーメン王・
アンケセナーメン王妃の指輪
(新王国時代、第18王朝、
約3500年前)
   

セヌウの彩色木棺
(中王国時代、第13王朝、
約3800年前)
セヌウの彩色木棺(部分)/ ウジャドの眼
 吉村作治教授率いる早稲田大学古代エジプト調査隊の活動40年を記念して、これまで同隊が発掘した約250点あまりを一挙公開!
  1966年から開始された調査は、ルクソール西岸の「マルカタ南・魚の丘遺跡」「クルナ村貴族墓」「王家の谷・西谷遺跡」、カイロ南郊の「アブ・シール南遺跡」「ダハシュール北遺跡」、ギザのピラミッド地区において数多くの成果を生み出してきました。本展覧会ではこれらの遺跡で早稲田隊が40年にわたり発掘してきた数多くの遺物の中から、特に価値あるものを展示します。
  エジプトにおける学術的発掘調査は、19世紀初頭以来、フランス・イギリス等のヨーロッパの国々により開始されましたが、多くの出土品がエジプトからヨーロッパへ運び出されました。外国の調査隊はその見返りとして発掘品の分配を求めました。しかし、早稲田大学古代エジプト調査隊は、旧来の伝統的方法と決別し、発掘品を国外に持ち出すことなく、そのすべてをエジプト国内にとどめ、保存・研究を行う方途を確立させました。今回開催の「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」は、早稲田隊による発掘品をエジプト政府の特別の協力により借り受け、日本で初めて公開するものです。早稲田隊の長年にわたる不断の努力と、エジプトから得た信頼によって切り拓かれた扉から、エジプト5000年の歴史が甦ります。


  ウジャトの指輪(新王国時代、第18王朝、約3500年前)


  数多くの魅力ある展示品の中でも必見は、昨年1月5日に発見された青いミイラマスクと彩色箱型木棺でしょう。早稲田隊がダハシュール北遺跡で発見したものです。中王国時代、今から3800年前に活躍した行政官セヌウのミイラは、未盗掘の完全な形で発掘された事例としては最古級であり、発見後一躍世界的に有名となりました。全世界に先駆けて、ここ福岡でマスクと木棺が初公開されます。この他、早稲田隊が1987年にクフ王の大ピラミッド脇で発見した「第2の太陽の船」引揚げ・復元プロジェクト等を紹介します。
 

日時 /2006年7月15日(土)14時~16時
会場 /福岡市博物館 講堂
対象者・定員・料金 /先着240名・当日10時から館内にて整理券配布・無料
申込期間・方法 /申込み不要
問い合わせ /〒814-0001福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011 FAX:092-845-5019
*この他、吉村作治先生来館時にはトークショーやサイン会など様々な催しを予定しております。
吉村作治先生に関する詳細については、「吉村作治のえじぷとぴあ」ホームページをご覧ください。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019