アーカイブス

カメオ展 宝石彫刻の2000年
カメオ展 宝石彫刻の2000年
カメオ展 宝石彫刻の2000年
地球の深奥から生まれた美しい宝石に像を刻み込むことは、遠くバビロニアの時代に始まります。像を浮き彫りにするカメオは、東西文明の交流がさまざまな新しい文化を出現せしめたアレクサンドロス(アレキサンダー)大王の時代に生まれました。以来、カメオとインタリオは最高の格をそなえた宝飾芸術品として重んじられ、時代の覇者が自らの栄光の証としてきました。また、カメオやインタリオには各時代の工芸の粋を尽くしたセッティングが施されています。そこに我々は、イメージの持つ強い物語性とジュエリーの装飾美の絶妙な結びつきを見ることが出来るのです。この展覧会は、紀元前5世紀から19世紀にわたる宝石彫刻の傑作約390点から構成され、宝石上に展開するヨーロッパの精神文化の流れを紹介します。これほど大規模かつ系統立ててカメオならびにインタリオを展示することは、世界でも例を見ない試みです。
Section1/君主・英傑の肖像
「神聖ローマ皇帝、スペイン王カール5(カルロス1)世(1500-58)」   「皇帝ナポレオン1世」
「神聖ローマ皇帝、スペイン王カール5(カルロス1)世(1500-58)」フランス国立図書館 ©Monnaies, Medailles et Antiques, Babelon 976 Rc A 55319, BnF   「皇帝ナポレオン1世」アルビオン アート・コレクション
Section2/ギリシア・ローマ神話
「成人と幼児のファウヌス」   「ファルネーゼのヘラクレス」
「成人と幼児のファウヌス」個人蔵(日本) 協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート   「ファルネーゼのヘラクレス」アルビオン アート・コレクション
Section3/聖書の世界
「キリストの埋葬」   「カルヴァリオへの道/磔刑」
「キリストの埋葬」ウィーン美術史美術館 ©KHM   「カルヴァリオへの道/磔刑」個人蔵(日本) 協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート
Section4/神から人間・日常へ
「黒人女性」   「ヴェールを着けた黒人女性、グリスリー・ジュエル」
「黒人女性」個人蔵(日本) 協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート   「ヴェールを着けた黒人女性、グリスリー・ジュエル」個人蔵(イギリス)
Section5/カメオのある宝飾、調度品
「ミカエルのブローチ」   「バンドー」
「ミカエルのブローチ」個人蔵(日本) 協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート   「バンドー」ミキモト蔵
記念講演会「芸術としてのカメオ」
日時:11月24日(月・祝) 午後2時から(90分程度)
会場:福岡市博物館 講堂
定員:240名
講師:西岡文彦氏(多摩美術大学准教授)
聞き手:有川一三氏(東京藝術大学非常勤講師)

関連イベント「カメオの歴史とその時代の音楽-バロックからロマン派まで」
日時:11月29日(土) 午後2時から
会場:福岡市博物館 グランドホール
演奏:福岡ハイドン弦楽四重奏団
曲目:ヴィヴァルディ作曲「四季」より抜粋 ベートーヴェン作曲 弦楽四重奏曲第4番より第1楽章 ほか
解説:針川和継氏(第2ヴァイオリン)

ワークショップ「銀線でつくるジュエリーアクセサリー」
日時:11月30日(日) 午後2時から
会場:福岡市博物館 講座室2
定員:15名
材料費:1,500円
講師:(社)日本ジュウリーデザイナー協会 西日本地区会員

ワークショップ「銀粘土でつくるカメオジュエリー」
日時:12月6日(土) 午後2時から
会場:福岡市博物館 講座室2
定員:15名
材料費:2,800円
講師:(社)日本ジュウリーデザイナー協会 西日本地区会員
※いずれも参加無料、ただし、記念講演会、ワークショップは事前の申し込みと展覧会チケットの半券が必要。往復はがきかFAXで下記にお申し込みください。定員になり次第締め切ります。

西日本新聞社事業局内「カメオ展事務局」係
〒810-8721 福岡市中央区天神1-4-1
TEL:092-711-5550 FAX:092-711-8120

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019