アーカイブス

No.008

黒田記念室

野村望東尼と幕末の福岡

平成3年3月5日(火)~3月31日(日)

野村望東尼像
野村望東尼像

「野村望東尼(のむらぼうとうに)と幕末の福岡」について

 野村望東尼は、幕末の福岡に生まれました。その当時、福岡では儒学、国学、歌道、書道に多くの人々が活躍していました。望東尼もその中で、歌道で名を馳せた大隈言道(おおくまことみち)の門下となり、歌人として活躍しました。望東尼の生きた幕末は「鎖国」体制が崩れ、尊王攘夷運動が活発化した時代でした。望東尼も勤王運動を陰で支えた1人で、自分の隠居所である平尾山荘を平野国臣(ひらのくにおみ)、中村円太(なかむらえんた)等、倒幕派の秘密の集会所として提供したり、九州に来た高杉晋作を山荘にかくまったりしました。福岡藩は朝廷も幕府も同様に盛りたてていこうとする立場でしたので、望東尼は藩の弾圧により姫島(糸島郡)ヘ流罪となりました。しかし、翌年、高杉普作の手配で姫島から救出され、長州(山口県)に行き、筑前に戻ることなくその地で没しました。この展示では野村望東尼と幕末の福岡について(1)家庭の中の望東尼、(2)望東尼と勤王運動、(3)晩年の望東尼の3コーナーに分けて紹介します。

年表

1806年望東尼、生れる(名はもと)。
1829年野村貞能(のむらさだよし)(前名貞貫(さだつち))に嫁す。
1832年望東尼、大隈言道に入門。
1840年長孫貞和(さだかず)生る。
1845年夫妻、平尾(ひらお)の山荘に隠居。
1851年長男貞則(さだのり)自害す。
1853年米使ぺリー、浦賀に来航。
1859年貞貫死す。安政の大獄。
1861年望東尼上京す。
1863年平野国臣、生野で挙兵。
1864年第一次長州戦争。
1865年三条実美(さんじょうさねとみ)等五卿、太宰府(だざいふ)着。望東尼、姫島流罪。
1866年望東尼、姫島より脱出。
1867年望東尼、長州にて死す。

作品解説

向陵集
向陵集

向陵集(こうりょうしゅう)

 装丁・題箋とも望東尼の自作・自書。野村夫妻は、平尾(ひらお)村に山荘をつくり、ここに隠居した。『向陵集』は望東尼の山荘時代の和歌を収めている。


押絵細工「宮女秋庭観月模様」
押絵細工「宮女秋庭観月模様」

押絵細工(おしえざいく)「宮女秋庭観月模様」

 江戸時代末、福岡・博多では武家・町家を問わず、婦女子の手芸として、種々の美しい押絵の細工物が作られた。望東尼も様々な細工を残している。


望東尼姫島書簡集一
望東尼姫島書簡集一

望東尼姫島書簡集(ぼうとうにひめしましょかんしゅう)一

 これは、姫島の獄中図である。望東尼は、福岡藩主黒田長溥(くろだながひろ)の勤王派弾圧で処罰され、姫島に流された。


長門たより
長門たより

長門(ながと)たより

 姫島に流された望東尼は、慶応2(1866)年9月、長州の奇兵隊士(きへいたいし)である筑前(ちくぜん)出身の志士に救出され、長州に渡る。そして、望東尼は筑前に戻ることなく、その地で没した。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
7月22日から8月27日のうちの金・土・日ならびに8月14日、15日は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
8月14日、15日は開館、8月16日は休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019