アーカイブス

No.030

歴史展示室

昭和11年の福岡

平成4年7月14日(火)~8月30日(日)

「博多小女郎」をモデルにしたポスター
▲「博多小女郎」をモデルにしたポスター
(昭和10年10月、博覧会宣伝用ポスターの第2弾として製作されたもの)

昭和11年の福岡 -博多築港記念大博覧会のころ-

 昭和11(1936) 年の博多築港記念大博覧会は、第1期工事の竣工を記念して開かれました。3月25日から5月13日までの50日間におよそ161万人もの観覧者を集めたこの博覧会では、国の内外から当時の産業技術の粋(すい)を集めた様々な製品が陳列されました。この博覧会によって、福岡市は九州の拠点都市としての位置を強固にしていきました。またこの年に那珂川にかかる西大橋が架け替えられ、雁ノ巣(がんのす)飛行場が開場して、交通体系の充実がはかられました。市民はデパートで買物をし、映画や音楽会を楽しむなど、近代的な市民生活を営みました。

 しかし翌昭和12年には日本と中国との戦争が始まり、戦時色の濃い時代となっていきました。

 ここでは、その直前の市民生活の一端を紹介します。


「博多築港記念大博覧会全景図」
▲「博多築港記念大博覧会全景図」
(上部は会場の鳥瞰図、下部は会場内の観覧順序図)

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019