アーカイブス

No.039

歴史展示室

近代の女性の装い

平成4年11月25日(水)~平成5年2月14日(日)

第3回内国勧業博覧会錦絵
▲第3回内国勧業博覧会錦絵
明治23(1890)年に東京・上野公園で開かれた博覧会を、明治天皇とともに観覧する皇后(昭憲皇太后)。鹿鳴館風のドレス姿が描かれている。

近代の女性の装い-和服から洋服ヘ-

 現代の私たちの日常生活では、その機能性から、洋服を着て過ごす場合がほとんどです。一部の人々をのぞいて、和服を活用するのは冠婚葬祭や、茶道・華道などのおけいこ事の折に限られてきました。

 和服(着物)を着用した時代が長く続いた日本では、洋服はなかなか定着しませんでした。特に女性は、男性に比べ、洋服の導入も遅く、また一部の特別な人人にしか用いられませんでした。しかし、それ故に、女性の装いの緩やかな変化は、近代社会で女性がどのような位置を占めていたかを物語っています。ここでは、明治以降の都市に生活する女性の装いが和服から洋服へと変っていく様子を追ってみたいと思います。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019