アーカイブス

No.302

美術・工芸展示室

絵はがきの世界2

平成19年7月18日(水)~9月2日(日)

展示資料のなかの「博多ことば」の例
あたき:私。男女ともにつかう一人称。
うんとこ:量の多いさまを表す語。たくさん。
えずい:恐ろしい。怖い。
えずう:非常に。甚だ。たいそう。まことに。
ぎったい:仮定条件・確定条件を表す。ならば。すると。
~くさ:文中で、文節の最後において、軽い強調の意を添えたり、相手の注意を促したりする。な。よ。
~げな:伝聞・推量の意を表す。だそうだ。らしい。ようだ。
~けん:接続の意を表す。故に。から。ので。
こく:言う。卑しんでいう語。
ござす:「ある」の丁寧語。
こざにっか:憎たらしい。
~ごたる:例を引いて同類であることを表す。また、内容を指示する。
~ごと:他のものにたとえ、比べる意を表す。ように。見受けられる様子を表す。
~しゃる:動詞に付いて、その動作をする人に対する尊敬の意を表す。動詞との間に促音が加わることがある。
じょうもん:美しい女。美女。
そうよ・そうよう:すべて。全部。皆。
たいごう:だいたい。そもそも。
たまがる:たまげる。
ちゃっちゃくちゃら:むちゃくちゃ。めちゃくちゃ。
ていしょう:ていたらく。
とつけむない:途方もない。とんでもない。思いもよらない。意外である。
とつけもない:程度がはなはだしい。大変である。副詞的に用いることもある。たいそう。非常に。
~ない:命令の意を表す。~なさい。
ぬべる:熱い湯や濃い汁などに水を入れて、よい加減にする。うめる。薄める。
~ばい:文末にあって、感情を添えたり、軽く念をおすような詠嘆を表す。よ。だぞ。ですよ。
ふてえがってえ:驚いた様子を表す語。
へげん:理非が分からない。分別がない。ものごとが思わしくいかない。つまらない。
ほんなこと・ほんなことい:本当に。まことに。
よい:人に呼びかける語。おい。もし。
~よる:動作の進行・継続を表す。~している。
 

展 示 資 料
名称 時代 発行者 品質・形状
赤間関逓信管理区内郵便線路図 明治22年 作者不詳 印刷
雑誌『風俗画報』57号 明治26年 東陽堂 印刷・書冊
雑誌『風俗画報』72号 明治27年 東陽堂 印刷・書冊
雑誌『ハガキ文学』創刊号 明治37年 日本葉書会 印刷・書冊
日露戦役記念絵はがき 明治37~38年頃 逓信省 印刷・ハガキ
「福岡言葉」絵はがき 大正時代 発行者不詳 色刷・ハガキ
「博多言葉」絵はがき 大正時代 発行者不詳 色刷・ハガキ
博多ことば絵はがき 大正時代 大崎周水堂 二色刷・ハガキ
「博多言葉」絵はがき 大正時代 尾島筑紫堂 三色刷・ハガキ
「博多ことば説明入 福岡と博多」 昭和前期 大崎周水堂 印刷・ハガキ
「博多方言 福岡博多名所集」 昭和前期 大崎周水堂 印刷・ハガキ
「方言葉書 筑前博多言葉」 昭和10年代 大崎周水堂 印刷・ハガキ
「博多ことば絵葉書」 昭和16年 大崎周水堂 三色刷・ハガキ
「博多仁和加」絵はがき 大正時代 発行者不詳 二色刷・ハガキ
「博多二○加」絵はがき 昭和16年 発行者不詳 色刷・ハガキ
「情緒溢るゝ博多節」 昭和前期 大崎周水堂 印刷・ハガキ
「博多弁シリーズ」絵はがき 平成19年 株式会社アポロ計画 色刷・ハガキ
 

参 考 図 書
原田種夫『博多方言』(文林堂 昭和31年)
波多江五兵衛『博多ことば』(博多を語る会 昭和45年)
高橋久雄『博多弁雑考』(文献出版 昭和61年)
江頭光『博多ことば』(葦書房 1998年)
『知っとうや?』(イー・カルチャー 2003年)
中村萬里『即訳!ふくおか方言集』(平成17年 西日本新聞社)
細馬宏通『絵はがきの時代』(青土社 2006年)
西日本新聞社『博学博多 ふくおか深発見』(西日本新聞社 2007年)

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
※7月20日(土)~8月25日(日)の金、土、日と8月12日(月祝)~8月15日(木)は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
休館日
月曜日(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)、12月28日~1月4日
※ゴールデンウィーク(4月28日(日)~5月6日(月・振休))と、お盆の週(8月11日(日)~8月18日(日))は休まず開館します。
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019