アーカイブス

No.386

黒田記念室

写しの古文書学

平成23年4月26日(火)~ 6月19日(日)

図1 文字の輪郭を縁取った籠字(史料3)
図1 文字の輪郭を縁取った籠字
図2 足利直冬裏書安堵(史料10)
図2 足利直冬裏書安堵
図3 勝福寺住持僧進瓊申状写(史料9)
図3 勝福寺住持僧進瓊申状写

 写真やコピー機がなかった時代、大事な文書(もんじょ)は手書きで写されました。原本(げんぽん)そっくりに精巧(せいこう)に写されたもの、備忘(びぼう)のためのラフな写し等、時に応じてさまざまな写しが作られました。原本に準じた効力を期待された写し、原本が失われ写本しか伝わらないもの等、貴重な写しもあります。本展では、館蔵の古文書(こもんじょ)コレクションの中から、南北朝(なんぼくちょう)時代~江戸(えど)時代の文書を素材に、写された古文書の魅力と役割を紹介します。


◆写しの作成
 文書を作成する際、すぐに清書せずに、下書きを作り、それをよく吟味(ぎんみ)してから仕上げます。このような下書きを古文書学では、原本である正文(しょうもん)に対して草案(そうあん)・土代(どだい)といいます。一般に文書は出した相手に送られますが、下書きは作成者の手許に残ります。
 一方、文書を受け取った側でも文書の写しを作成することがありました。大切な正文の紛失に備えたり、訴訟(そしょう)の証拠(しょうこ)書類として提出したり、財産を子孫に分与する際等に文書の写しが作られました。正文に準じた効力を期待された特別な写しは案文(あんもん)と呼ばれました。
 また、文書は現用(げんよう)文書でなくなっても、家の出自や由緒(ゆいしょ)を示す重宝(じゅうほう)として大切に保管され、分家を創る際には家伝(かでん)の文書の写しを作成して分け与えました。あるいは、歴史書を編纂(へんさん)  する際、歴史叙述のための材料集めとして、今日では写真を撮る代わりに、文書が筆写されました。足利直冬裏書安堵(あしかがただふゆうらがきあんど)(図2)は、勝福寺(しょうふくじ)の住持(じゅうじ)が提出した寺領(じりょう)の保護を求めた文書の裏側に、申請を認める文言(もんごん)が書かれています。両面に書かれた文書を巻物(まきもの)にする際、片面が読めなくなるので申状(もうしじょう)の写し(図3)が作られました。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
7月22日から8月27日のうちの金・土・日ならびに8月14日、15日は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
8月14日、15日は開館、8月16日は休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019