アーカイブス

No.411

黒田記念室

黒田家の名宝

平成24年12月18日(火) ~平成25年3月31日(日)

 秀吉の天下統一の総仕上げとなった小田原(おだわら)攻めでは、北条(ほうじょう)氏に降伏を説得し、その礼として太刀(たち) 名物(めいぶつ)「日光一文字(にっこういちもんじ) 」(史料23)等を北条(ほうじょう)氏から贈られています。

 文禄2年(1593)、朝鮮出兵のさなか、孝高に二度目の危機が訪れます。秀吉に無断で朝鮮から肥前名護屋城(ひぜんなごやじょう)(佐賀県唐津市)に帰国したとして秀吉勘気(かんき)を蒙(こうむ)りました。孝高は死を覚悟し、長政に対して跡継ぎや家臣の用法についてこまごま記した自筆の遺言状(ゆいごんじょう)(図6)を与えています。この時、孝高は出家して如水と名乗るようになります。
 秀吉没後、慶長5年(1600)の関ヶ原(せきがはら)の戦いでは、長政は徳川家康に従い、調略や本戦での活躍により東軍の勝利に大きく貢献しました。長政は関東から関ヶ原に向かうに際し、家康から豊臣恩顧の大名への目配りを託され南蛮鉢羊歯前立兜(なんばんばちしだまえだてかぶと)(史料5)等を与えられます。一方、孝高は九州にあって、西軍の諸城を切り取り、九州を席巻しました。これらの功績により、長政に筑前国(ちくぜんのくに)が与えられました。孝高・長政父子は、名島城(なじまじょう)(東区)に代えて福崎(ふくさき)の地に新城を築き、先祖の故地・備前福岡(びぜんふくおか)(岡山県瀬戸内市)に因(ちな)んで新たに「福岡」城と名づけたのです。
(堀本一繁)

図4 黒田家家臣連署起請文(史料10) 図3 羽柴秀吉自筆書状(史料8)
図4 黒田家家臣連署起請文(史料10) 図3 羽柴秀吉自筆書状(史料8)
図6 黒田如水自筆覚書(末尾)(史料17) 図5 豊臣秀吉知行充行状(史料14)
図6 黒田如水自筆覚書(末尾)(史料17) 図5 豊臣秀吉知行充行状(史料14)

休館日

開館時間
9時30分~17時30分
(入館は17時まで)
※7月22日~8月26日の金・土・日・祝日、8月13日~8月15日は20時まで開館(入館は19時30分まで)
休館日
月曜(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)
※5月4日~5月6日は開館し、5月7日休館。
※9月21日~9月22日は開館し、9月23日休館。
※11月30日以降は設備等改修のため休館(2021年4月頃開館予定)
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019