アーカイブズ

No.461

企画展示室2・3

秘密ーかくす・のぞく・あばく

平成27年12月8日(火)~平成28年2月14日(日)

 福岡市には、3つの市立のミュージアムがあります。福岡市博物館、そして、大濠公園にある福岡市美術館、博多リバレインにある福岡アジア美術館です。3つの館は、開館以来、それぞれ特色ある資料収集・コレクション形成につとめてきました。そして、さまざまな角度から館蔵の文化財を活用する展示を、年間を通じて行っています。
 さて、この冬、博物館の企画展示室2・3、美術館の日本画工芸室、アジア美術館のアジアギャラリーにおいて、同じテーマにもとづいた展示を開催します。これは、3館の学芸員が共同して行う「冬のおとなミュージアム」という取り組みの一環です。


福岡タワー周辺のイルミネーション

福岡タワー周辺のイルミネーション

■「冬のおとなミュージアム」とは

 「冬のおとなミュージアム」は、平成26年度から始まりました。何故、「冬」で「おとな」なのか…。福岡の冬は、まちのいたるところでイルミネーションやライトアップが行われ、いちだんとキラキラになります。そんな福岡のまちをめぐるなら、博物館・美術館にもぜひご来館いただき、コレクションを活かした企画展示をとおして、アートの世界や地域の歴史・文化に触れていただきたいという想いが込められています。
 また、年ごとに1つのテーマを定め、それを3館で共有しています。テーマとなる事柄は、多くの人びとの人生にとって重要な意味を持ち、また、子どものうちから身近でありながら、大人になるにつれ、意味が深化・進化していくものを選んでいます。平成26年度のテーマは、「LOVE/愛」でした。
 「冬のおとなミュージアム」の昨年につづく第2弾。今年のテーマは「秘密―かくす・のぞく・あばく」です。このうち、美術館では「かくす」、アジア美術館では「のぞく」、博物館では「あばく」をキーワードに、それぞれのミュージアムとコレクションに秘められた謎にせまっていきます。


25周年記念の缶バッジ

25周年記念の缶バッジ

上空から見た博物館建物

上空から見た博物館建物

博物館の建物イメージ図 昭和64年(1986年)11月頃に公表

博物館の建物イメージ図
昭和64年(1986年)11月頃に公表

国宝 金印「漢委奴国王」

国宝 金印「漢委奴国王」

■謎の100メートル伝説

 本年(平成27年)、10月18日、福岡市博物館は開館25周年を迎えることができました。それを記念し、ここでまず、博物館の建物に込められた秘密に せまってみましょう。
 博物館の建物は、真上から見ると、ほとんど正方形であることが分かります。正方形の1辺は、おおむね100メートル。「博物館の建物は福岡市の100周年を記念して建てられたから、1辺が100メートルなのだ」という言い伝え(?)があります。 「福岡市」が誕生したのは明治22(1889)年、市の名前を「福岡」にするか「博多」にするか、大論争になったことは、よく知られています。それから100年後、平成元(1989)年、市制施行100周年記念事業として「アジア太平洋博覧会―福岡'89」(愛称よかトピア)が、埋立が完了したばかりの「シーサイドももち」地区にて開催されます。福岡市博物館は、この博覧会のテーマ館としてスタートしました。ですから、博物館には、市制施行100周年を記念する建物という性格が確かにあります。
 しかし、今日、「100周年だから1辺100メートル」説をはっきり証明する資料を見つけることは困難です。昭和61(1986)年11月、新しくできる博物館の基本設計が建物のイメージ図とともに明らかにされます。その際、さかんにアピールされたのは、全ガラス貼りの近未来的な外観により、「従来の重く暗いイメージを改め、明るく親しみやすい博物館」を目指していることでした。博物館の建物が完成した直後に作成されたとおぼしき「福岡市博物館建設記録」という冊子には、博物館の建物の設計構想が述べられていますが、そこにも、博物館が「100メートルでほぼ真四角」の構造物であることはとくに意味づけされていません。「明るく、開かれた博物館」というイメージを表現したこと、「ガラスの宝石箱」として市民に親しまれてほしいことが述べられています。
 博物館の建物については、もう1つの言い伝えがあります。それは、正方形の建物の屋根にカマボコのようなアーチ部分を設けた建物全体の形状が、博物館を代表する国宝「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」を模している、というものです。これも、建物の設計構想として明文化されたものではありません。しかし「福岡市100周年に完成した、1辺100メートルの、金印を巨大化させたかたちの博物館」というイメージは、この博物館を、より楽しく、親しみやすく感じさせてくれることでしょう。


休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019