アーカイブズ

No.475

企画展示室2

ごちそう日本美術

平成28年8月9日(火)~平成28年10月10日(月・祝)

吉原郭図屏風

吉原郭図屏風(部分)

●吉原郭図屏風(よしわらくるわずびょうぶ) 紙本着色 江戸時代

 お豆腐、二丁、お届けにあがりました!
 江戸の吉原は、なんて、にぎやかなんだろう。ここは、連なる遊郭(ゆうかく)が描かれた絵巻(えまき)が貼り込まれた屏風の中。ここには、遊びに来た人だけじゃなく、働いている人もたくさん登場するよ。
 こちらは、ずいぶん、大きな調理場だ。たくさんの焼き物や漆(うるし)の器が並んで、料理が盛りつけられるのを待っている。ぼくもお手伝いしよう。摺(す)りこぎを持つおじさんの前で、鉢(はち)をおさえてあげようかな。盥(たらい)の水で蛸(たこ)を洗うのを手伝ってあげようかな。それとも、おこぼれを待っている犬と遊んで来ようかな。

吉原郭図屏風吉原郭図屏風

吉原郭図屏風(部分)吉原郭図屏風(部分)


月見猩々図

月見猩々図

●月見猩々図(つきみしょうじょうず) 
  耳鳥斎(にちょうさい) 絵本 絵本墨画淡彩 江戸時代

 菊が香る秋の夜は、ほんとうに気持ちがいい。あそこでお酒を飲んでいる赤く長い髪の方は、きっと猩々さんだ。猩々は、もともとは中国の伝説に登場するお酒の精霊。この国では、能の演目を通じて親しまれているよ。金山(きんざん)のふもと、瀋陽(しんよう)の江(こう)(大きい川)のほとり、楊子(ようす)の里に住む男が、夢のお告げを得て、お酒を売り始めると、たくさんのお客が来てくれるようになった。そのお客の中に、子どものような姿ながら、大酒を飲む不思議な常連がいた。あるとき素性(すじょう)を尋ねてみたら、なんと、海に棲む妖精だと言うんだ。そこで、男はある晩、酒を用意して水辺で彼を待つことにした。猩々は、男の前にあらわれ、舞を舞いながらお酒の効用を謡い、いくら汲(く)んでも酒の尽きない不思議な壺を授けてくれたんだ。
 能の舞台に登場するときは赤い頭(かしら)をつけ、赤い面(おもて)に赤い装束(しょうぞく)につける赤尽くしの姿。なんとも華やかで、おめでたい姿として、江戸時代の絵画にもよく登場するんだよ。
 ところで、猩々のお酒は、寿命(じゅみょう)を延ばす不思議なお酒。人間がこの世で飲むお酒は、飲み過ぎ厳禁。お酒で不幸にならないでね。豆腐小僧のお願いだよ。

妖怪・豆腐小僧の「食めぐり」は、いかがでしたか?お豆腐と日本美術の楽しさをお届けに、明日はあなたのもとを訪れるかもしれません。
杉山未菜子

休館日

開館時間
9時30分~17時30分
(入館は17時まで)
※7月22日~8月26日の金・土・日・祝日、8月13日~8月15日は20時まで開館(入館は19時30分まで)
休館日
月曜(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)
※5月4日~5月6日は開館し、5月7日休館。
※9月21日~9月22日は開館し、9月23日休館。
※11月30日以降は設備等改修のため休館(2021年4月頃開館予定)
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019