展示・体験学習室

特設展示

やまいとくらし ~今みておきたいモノたち~

 新型コロナウイルス感染症の流行は、マスク着用や手指の消毒といった身近なことから、外出の自粛や各種学校の休校、テレワークの推進まで、私たちのくらしに大きな影響を与えました。博物館もこのような状況の中で、展覧会の延期や密集を避ける観覧方法などの対応をとっています。

 このような“今“だからこそ、博物館で見ていただきたいモノたちを集めた展示を開催します。病とくらしにまつわる4つのテーマで、伝染病をはじめとするさまざまな災厄に対して、人びとがどのように向き合い、くらしてきたかを紹介します。

展示概要

《前期展示》令和2年7月21日(火)~8月30日(日)
祝部至善画「コレラ患者の輸送」
第1章 伝染する病に向き合う

 人びとは、これまで何度も感染する病気の流行に直面しました。大正時代のスペイン風邪、明治時代のコレラ、江戸時代の天然痘と時代をさかのぼりながら、伝染病の流行とその対応を紹介します。

祝部至善画「コレラ患者の輸送」


1964オリンピック東京大会記念絵葉書
第2章 「外出自粛」したモノ

 新型コロナウイルス感染症の影響で、各地の展覧会が延期や中止になりました。そのため、当館の資料も活用の場を失いそうになっています。そんな、「外出自粛」を余儀なくされたモノたちを、この機会に紹介します。

1964オリンピック東京大会記念絵葉書

《中期展示》令和2年9月1日(火)~10月18日(日)
鬼瓦
第3章 みえないものと生きる―ウチとソトにいるもの

 災難、疫病の現象は外側(ソト)からもたらされると考えられ、人びとは内側(ウチ)に侵入しようとするみえない存在を感知し、想像力で可視化させてきました。また、神仏などに頼り、祈願や呪(まじな)いで対抗しました。本章は古代から現代まで〝みえないもの〟と共にあった人びとの事例を紹介します。

鬼瓦

《後期展示》令和2年10月20日(火)~11月29日(日)
初代歌川国貞画「九代目市川団十郎の『にらみ』」
第4章 疫病と歌舞伎

 江戸時代以来多くの人々を熱狂させてきた伝統芸能・歌舞伎。ここでは、疫病という切り口で歌舞伎関連資料を展示します。折しも歌舞伎界の大名跡・市川団十郎白猿復活のとき。描かれた歴代団十郎の姿とともに、疫病を祓う歌舞伎のちからをご覧ください。

初代歌川国貞画「九代目市川団十郎の『にらみ』」

連載ブログ

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

最新情報を配信中

pressrelease

休館日

開館時間
9時30分~17時30分
(入館は17時まで)
※7月22日~8月26日の金・土・日・祝日、8月13日~8月15日は20時まで開館(入館は19時30分まで)
休館日
月曜(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)
※5月4日~5月6日は開館し、5月7日休館。
※9月21日~9月22日は開館し、9月23日休館。
※11月30日以降は設備等改修のため休館(2021年4月頃開館予定)

Facata(博物館だより)

  • 福岡市博物館 市史編さん室
  • ふくおか応援寄附
  • 福岡ミュージアムポータルサイト
  • (財)福岡市文化芸術振興財団
  • 福岡検定
  • (公財)福岡観光コンべンションビューロー
  • 福岡市の文化財
  • 福岡市博物館Googleアートプロジェクトに参加

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019