アーカイブズ

No.029

歴史展示室

戦争とわたしたちのくらし2

平成4年6月2日(火)~7月12日(日)

出品資料(期間中一部展示替えをします)
1、福岡大空襲
 1945(昭和20)年6月19日午後11時11分、福岡市上空から焼夷弾攻撃が始まりました。20日午前O時53分までのおよそ2時間に、アメリカ軍の221機のB29から、約1,500トンの焼夷弾が投下されました。福岡大空襲の折に拾得された焼夷弾の破片や電探妨害テープなどを展示しています。
 1焼夷弾(頭部)1945年アメリカ製波多野聖雄氏寄贈
 2焼夷弾(体部)1945年アメリカ製山形 洋氏寄贈
 3油脂爆弾1945年アメリカ製新貝重陽氏寄贈
 4電探妨害テープ1945年アメリカ製松尾静子・美恵子氏寄贈
2、くらしのなかの戦時体制
 1941(昭和16)年12月8日、海軍の機動部隊がハワイの真珠湾海軍基地を奇襲、陸軍もまたマレー半島へ奇襲上陸を行ない、太平洋戦争が始まりました。しかし日本は、1931(昭和6)年の満州事変や、1937(昭和12年)7月の蘆溝橋(ろこうきょう)事件をきっかけに、宣戦布告のないまま、中国との戦争に突入していました。そのため人々の暮らしも少しずつ戦時色に染まっていきます。今回は雑誌の付録やポスターなど、国の力をすべて戦争に集中させる総力戦体制をとるために描かれたものを展示します。
(1)子どもたちに
 5教育掲示グラフ第九集「軍艦長門見学」昭和時代大日本雄弁会講談社 
 6教育掲示グラフ第一〇集「軍用犬画報」昭和時代大日本雄弁会講談社 
 7皇軍慰問初笑ひあそび昭和14年1月1日小学館 
 8帝国陸軍兵器大画報昭和15年1月1日大日本雄弁会講談社 
 9興亜ナカヨシスゴロク昭和16年1月1日大日本雄弁会講談社 
10雑誌「飛行少年」昭和17年8月大日本飛行協会岡田 一氏寄贈
11帝国軍艦写真帖昭和時代博文社 
12少女物知り宝典昭和13年8月1日大日本雄弁会講談社 
13皇軍慰問お人形帖昭和13年8月1日実業之日本社 
14墨ぬり教科書昭和時代 岡田 一氏寄贈
(2)生活のなかで
15ポスター「国民防空展」昭和時代内務省・福岡県主催 
16ポスター「国民貯蓄は無尽で」昭和時代佐賀県無尽協会 
17貼紙「選挙奉公銃後の家」昭和時代福岡県郡田幹夫氏寄贈
18貼紙「銃後国民の努め・防犯三則」昭和時代久留米警察署郡田幹夫氏寄贈
19昭和13年3月1日改正嘉穂飯塚酒造組合・嘉穂飯塚酒類商組合 
20昭和13年3月1日上嘉穂酒類販売統制会 
21特別報國債券昭和17年12月日本勧業銀行安川令子氏寄贈
22戦時貯蓄債券昭和17年12月日本勧業銀行末信源蔵氏寄贈
23戦時貯蓄債券昭和18年6月日本勧業銀行末信源蔵氏寄贈
24定期預金証書昭和19年7月11日横浜興信銀行大磯支店長より篠原雷次郎宛篠原雷次郎氏寄贈
25貯蓄券昭和19年大日本政府安川令子氏寄贈
26貯蓄券昭和19年大日本政府安川令子氏寄贈
27たばこ「桜」(複製)昭和15年11月専売局日本たばこ産業(株)寄贈
28たばこ「金鵄」(複製)昭和18年専売局日本たばこ産業(株)寄贈
29たばこ「鵬翼」(複製)昭和19年専売局日本たばこ産業(株)寄贈
30雑誌「飛行日本」昭和17年9月大日本飛行協会岡田 一氏寄贈
31菓子型「忠魂」昭和時代木製(桜材)森恍二郎氏寄贈
(3)兵士を支える
32ポスター「たのむぞ石炭」昭和時代軍需省・石炭統制会 
33ポスター「陸軍幼年学校」昭和16年教育総監部 
34慰問箱昭和時代 個人蔵
35恤兵絵葉書昭和17年陸軍恤兵部中窪菊枝氏寄贈
36軍事郵便昭和時代  
37千人針のチョッキ昭和時代 古賀善一氏寄贈
38出征時の寄せ書(日章旗)昭和時代 古賀善一氏寄贈
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube

最新情報を配信中

pressrelease

休館日

開館時間
9時30分〜17時30分
(入館は17時まで)
※2023年7月22日~8月26日の金・土・日・祝日と8月14日・15日は20時まで開館(入館は19時30分まで)
休館日
毎週月曜日
(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)
※2023年8月14日・15日は開館し、8月16日に休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで

Facata(博物館だより)

  • 福岡市博物館 市史編さん室
  • はかた伝統工芸館
  • ふくおか応援寄附
  • 福岡市の文化財

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019