アーカイブス

No.026

歴史展示室

空から見たわたしたちのまち福岡

平成4年1月21日(火)~3月29日(日)

時計
ミキサー

 わたしたちが住むまちを空から見てみましょう。福岡市は昭和50年に人口が100万人を越してなお、発展をつづけています。

 昭和30年頃の福岡はどんな様子だったでしょう。まだ高いビルディングも少なく、郊外では田や畑がひろがっています。人々の暮らしに電気洗たく機や電気掃除機などの家電製品が普及したのもこの頃です。

 今回、昭和30年前後(1950年代)と昭和63年頃の福岡を写した航空写真に、昭和30年前後の人々の暮らしを色どった品々を展示し、今日までの郷土の発展を垣間(かいま)見たいと思います。

 なお、航空写真は、平成元年アジア太平洋博覧会に於いて、朝日新聞社の主催で展示されたものです。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
7月22日から8月27日のうちの金・土・日ならびに8月14日、15日は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
8月14日、15日は開館、8月16日は休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019