アーカイブス

No.130

歴史展示室

江戸のオカルト図鑑 幽霊・妖怪画2

平成10年7月14日(火)~8月30日(日)

コーナー解説と出品リスト

もののけ

 ひとの霊魂は「たま」、それ以外の霊は「もの」と呼ばれる。普段使い慣れている道具やなにげない器物も、長い年月を経れば時として妖怪となるらしい。彼らは、森羅万象に精霊を感じた日本人の古い信仰に培われてきた妖怪である。絵師は、自由で奇抜な発想によって、人ならぬものに精霊を宿し、ユーモラスで時には愛らしくもある姿を描き出す。そういえば、現代の博物館こそ、世間を追われたもののけの最後の住処かもしれない。

 作品名作者員数時代品質形状法量
 1付喪神図伊藤若冲1幅江戸中期紙本墨画掛幅装129.3×28.1
 2妖怪図(角盥と鏡箱)河鍋曉斎1枚江戸末期~明治紙本墨画25.1×27.6
 3燈下百鬼行列戯画作者不詳1枚明治時代銅版・紙24.6×35.6

百鬼夜行

 妖怪どうしは、ふつう関係をもたない。それぞれがそれぞれの時と場所に出現する。とはいうものの、かつて月とてない闇夜の都の大路では、あらゆる妖怪が集まって、一大パレードをしたらしい。これに遭遇すると、助かる見込みはまずないのに、あたかも見てきたような百鬼夜行の図が数多く描かれた。また、妖怪が多種多様であれば分類整理したくなるのがひとの常。絵師は、怖いものを見たさの我々の欲求に見事に答えてくれる。

 作品名作者員数時代品質形状法量
 4妖怪図永井香圃1幅明治時代絹本墨画淡彩掛幅装106.0×40.9
 5源頼光公館土蜘蛛作妖怪図歌川国芳1枚江戸末期大判錦絵37.0×25.3
 6百怪図巻佐脇嵩之1巻元文2年(1737)紙本着色巻子装36.5×1918.6
 7怪奇談絵詞不詳1巻江戸末期~明治紙本着色巻子装25.1×1046.2
7 怪奇談絵詞 作者不詳より「猫また」
7 怪奇談絵詞 作者不詳より「猫また」
7 「怪奇談絵詞」作者不詳より「ヲロシアの人魂」
7「怪奇談絵詞」作者不詳より「ヲロシアの人魂」
7 怪奇談絵詞 作者不明より「ガマの妖怪」
7 怪奇談絵詞 作者不明より「ガマの妖怪」

妖怪と英雄

 ひとに害をなす魔物の存在は、これを退治する英雄の出現によって神話を生み出す。また逆に、英雄、豪傑たる者の資格は、魔物退治によっていっそう確固としたものになる。スサノオとヤマタノオロチしかり、源頼光と土蜘蛛また渡辺綱と羅生門の鬼しかり。こうした英雄と怪物の戦いは、絵師にとって恰好の題材である。それぞれに工夫をこらした構図で、腕を競い合うが、多くの場合、いかに印象的な妖怪を描くかで出来不出来は決まる。

 作品名作者員数時代品質形状法量
 8本朝水滸傅剛勇八百人一個 犬村大学禮儀歌川国芳1枚江戸末期大判錦絵38.2×26.1
 9半上弾正ノ忠知景歌川国芳1枚江戸末期大判錦絵38.2×26.2
10和漢百物語 登喜大四郎月岡芳年1枚慶応元年(1865)大判錦絵36.3×24.6
11和漢百物語 小野川喜三郎月岡芳年1枚慶応元年(1865)大判錦絵36.0×24.1
12和漢百物語 瀬田之竜女と田原藤太秀郷月岡芳年1枚慶応元年(1865)大判錦絵36.2×24.6
13和漢百物語 楠多門丸正行月岡芳年1枚慶応元年(1865)大判錦絵36.3×24.6
14和漢百物語 大宅太部光國月岡芳年1枚慶応元年(1865)大判錦絵36.3×24.6
15和漢百物語 貞信公月岡芳年1枚慶応元年(1865)大判錦絵36.3×24.6
16東錦浮世稿談 伊東與惣太月岡芳年1枚慶応3年(1867)大判錦絵36.1×23.6
17新型三十六怪撰 平惟茂戸隠山に悪鬼を退治す図月岡芳年1枚明治23年(1890)大判錦絵37.0×25.3
18新型三十六怪撰 源頼光土蜘蛛ヲ切ル図月岡芳年1枚明治25年(1892)大判錦絵35.5×24.2

妖怪百態

 妖怪、化け物にも固有の出自がある。狐や狸が化けたもの、ものにとりつかれた者が見てしまう怪異、単に酒落で作り出された妖怪、そして時にはめでたきものを組み合わせて紙の上で作り出された珍獣もいる。妖怪の創造は、ひとの想像力の豊かさの証明でもあるだろう。近代化の波が押し寄せた明治期においても、妖怪はちゃんと生き残り、また生み出された。さて目の前に迫った21世紀にも、彼らや彼らの子孫は生き残れるか。

 作品名作者員数時代品質形状法量
19木曽街道六十九之内 細久手歌川国芳1枚嘉永5年(1852)大判錦絵36.0×24.4
20五拾三次之内猫之怪歌川芳藤1枚江戸末期大判錦絵35.7×23.9
21新容六怪撰月岡芳年3枚続明治15年(1882)大判錦絵37.0×25.2(各)
22東京日々新聞四百四十五號落合芳幾1枚明治7年(1874)大判錦絵37.3×24.9
23當りのかわりあんどん歌川芳藤1枚明治時代大判錦絵25.3×34.0
24寿という獣重光1枚江戸末期大判錦絵24.9×37.1

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
※7月20日(土)~8月25日(日)の金、土、日と8月12日(月祝)~8月15日(木)は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
休館日
月曜日(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)、12月28日~1月4日
※ゴールデンウィーク(4月28日(日)~5月6日(月・振休))と、お盆の週(8月11日(日)~8月18日(日))は休まず開館します。
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019