展示・企画展示室4

No.447

企画展示室4

『博多年中行事』を歩く

平成27年2月24日(火)~4月26日(日)

はじめに

博多年中行事
  俗にいう「博多三大祭」、すなわち博多どんたく、博多祇園山笠(ぎおんやまかさ)、筥崎宮放生会(はこざきぐうほうじょうや)は、福岡を代表する大きな祭りとして広く知られています。その一方で、町内の小さな祭り、家々で行われる行事や風習は、それこそ町ごと家ごとに様々あって、注意してみなければその存在に気づくことさえ稀です。
 毎年くり返されるこうした様々な行事・催事の情報を、博多を中心に丁寧に集め、自らの見聞手記をもとに一冊にまとめた本が佐々木滋寛(ささきじかん)編『博多年中行事』です。刊行されたのは昭和十(一九三五)年のことでした。戦後大きく変わっていく人々の暮らしの、その少しだけ前の姿が、この本には描かれています。
 本展では、『博多年中行事』に記載された多くの行事の中からあえて、一般にはあまり知られていないと思われるものをとりあげてみました。編者が「昭和ひとけた」の時代に見聞きし、この本に残した記録を頼りに、ちょっとだけ時空を超えた散歩に出かけてみましょう。


① 五大力(ごだいりき)祭 (博多区中呉服町(なかごふくまち))

一月十一日 博多官内町選擇寺(かんないまちせんちゃくじ)では行基(ぎょうき)作といふ五大力尊の講会(こうえ)を催す。この仏像は慶長(けいちょう)十一年のこの日、店屋町(てんやまち)の渡邊九平(わたなべくへい)方で帳祝(ちょういわい)の時一老翁が漂然と齎(もたら)したものと云ひ、夢告によつてこの寺に納めた。昔は大灯籠を掲げて盛な祭をした。
五大力菩薩縁起絵 (選擇寺蔵)
五大力菩薩縁起絵 (選擇寺蔵)

 中呉服町の選擇寺では、今も一月十一日に五大力祭が行われています。この日だけは本尊・阿弥陀如来(あみだにょらい)像の前に、忿怒(ふんぬ)の形相(ぎょうそう)をした五体の仏像が出され、ふだんこれらが安置されている場所には、その由緒を説く絵が掛けられます。
 左上に描かれた大福帳に注目してみましょう。かつて正月十一日は、その年に使う帳簿を新しくととのえる大切な日でした。いわば商家の仕事始めです。その日にもたらされたとされる五大力菩薩は、商人たちの信仰を集めてきました。「講会」の様子を『筑前国続風土記附録』(一七九八年)は「商人等群集して尤(もっとも)賑ふ」と記しています。また大福帳の裏に五大力菩薩の名を記す風習があったことも『筑前名所図会』(一八二一年)から知ることができます。

② とびとび (早良(さわら)区石釜(いしがま)ほか)

旧一月十四日 昔は町家等では大根を臼(うす)、杵(きね)、小判等の形に切つて折箱に入れ、簑笠(みのかさ)を着て知人の所へ持つてゆくと、箱に米や餅を入れて返し、水を掛けて笑ひ罵つた。
農家の者は藁(わら)で穴あき銭をつなぐさしを作つて米や餅をもらうた。
子供たちは藁で馬の形を造つて村内から米や銭をもらひ、絵馬を求めて氏神に奉納し、互に懇親会を行うた。
今では藁馬の代りに半紙に馬を描いて配る村もある。

 博多の「とびとび」は、早くに消えてしまいましたが、福岡市内の各地で、今もよく似た行事が受け継がれています。
 一月十四日の夜に藁の「トビ」をかぶった子供が藁馬などを携えて家々を訪れる「石釜のトビトビ」(早良区石釜)、一月二日に蓑笠を着た子供が家々を回る「金隈(かねのくま)の鳶(とび)の水」(博多区金の隈)、年末に子供たちが大根にさした松竹梅と半紙に描いた馬の絵を配って回る博多区那珂(なか)の絵馬配り行事などは、かつての「とびとび」のすがたを今に伝える、貴重な生きた記録といえるでしょう。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
7月22日から8月27日のうちの金・土・日ならびに8月14日、15日は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
8月14日、15日は開館、8月16日は休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019