アーカイブズ

No.432

企画展示室2

官兵衛の手紙

平成26年6月17日(火)~8月17日(日)

図3 ローマ字印(史料5)
図3 ローマ字印(史料5)

 第二は、福岡藩船手頭(ふなてがしら)を務めた松本家に伝来した文書群です。松本家は江戸時代の初めに二家に分かれ、次男家の文書群は『福岡県史』近世史料編・福岡藩初期(下)(1982年刊)に翻刻紹介されていましたが、嫡男家の文書はこれまで存在が知られていませんでした。総点数75点のうち、官兵衛の手紙が19通、息子で初代藩主長政の手紙が19通と、両者で半数を占めます。官兵衛の手紙は、大半が筑前入国後の、慶長6年から8年の間に出されたものです。官兵衛が黒田家の船手頭を務める松本勝重(光勝)に対し、軍船の運用に関して指示を出しています。勝重は文禄・慶長の役では黒田家の軍船の惣頭を務め、筑前入国の翌年、慶長6年10月には、官兵衛から宗像郡内で知行400石と代官預かり分207石余を与えられました(図4)。図5~7の手紙には、花押の代わりに、官兵衛のローマ字印(図3)が捺されています。中央のクロスの周囲に「IOSUI SIMEON」と、官兵衛の法名「如水」と洗礼名「シメオン」が刻まれています。
(堀本一繁)

図4 黒田如水知行充行状(史料4)図5 黒田如水書状(史料5)
図4 黒田如水知行充行状(史料4)図5 黒田如水書状(史料5)
図6 黒田如水書状(史料6)図7 黒田如水書状(史料7)
図6 黒田如水書状(史料6)図7 黒田如水書状(史料7)

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
※7月20日(土)~8月25日(日)の金、土、日と8月12日(月祝)~8月15日(木)は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
休館日
月曜日(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)、12月28日~1月4日
※ゴールデンウィーク(4月28日(日)~5月6日(月・振休))と、お盆の週(8月11日(日)~8月18日(日))は休まず開館します。
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019