展示・企画展示室2

No.450

企画展示室3

奴国前史 早良の青銅器と弥生墳墓

平成27年4月28日(火)~平成27年6月28日(日)

「最古の王墓」発見から30年

多鈕細文鏡(吉武高木遺跡 国指定重要文化財)
多鈕細文鏡
(吉武高木遺跡 国指定重要文化財)
 早良(さわら)平野は博多湾沿岸の中央に位置し、油山(あぶらやま)や飯盛山(いいもりやま)、背振山(せふりさん)周辺の丘陵に囲まれた扇状地形の平野です。平野の中央には室見(むろみ)川が北流します。
 その中流域にある吉武高木遺跡(よしたけたかぎいせき)では30年前、豊富な副葬品(ふくそうひん)をもつ弥生時代のお 墓がみつかり、「最古の王墓」や「早良王墓」として注目を集めました。その3号木棺墓(もっかんぼ)からみつかった副葬品は、多鈕細文鏡(たちゅうさいもんきょう) (ひも通しのつまみを二つもち、精細な幾何学文様で飾られた銅鏡)、青銅製の武器三種、宝石の首飾り (翡翠(ひすい)製の勾玉(まがたま) と碧玉(へきぎょく)製の管玉(くだたま))で、当時としては最高級のセットになります。これらの青銅器は日本列島で本格的な使用がはじまる最古段階、弥生時代中期初め (紀元前3世紀) のもので、朝鮮半島にルーツがあります。北部九州では武器を中心とした青銅器文化がはじまりますが、剣のほか、矛(ほこ) (根元の袋に長い柄(え)を挿入して使用する刺突武器)と戈(か)(柄に直角方向に装着し、敵に打ち込み手前に引いて倒す武器)もセットで副葬されていました。

>鹿が描かれた甕棺(吉武高木遺跡
鹿が描かれた甕棺(吉武高木遺跡)
 この時代の青銅器は争いの武器のほか、祭りなどで使用され、権威の象徴であったと考えられますが、お墓の副葬品としてみつかることが多く、人々の序列や階層化を物語るものです。吉武高木遺跡では青銅器などの副葬品をもつ木棺墓や甕棺墓(かめかんぼ)が11基、隣接する吉武大石(よしたけおおいし)遺跡でも8基みつかっており、紀元前3世紀の日本列島では群を抜いています。
 その発見から、30年たちましたが、早良平野ではさらに青銅器や弥生墳墓の発見遺跡が増加しており、北部九州のなかでも初期青銅器が集中する地域となっています。本展示では吉武遺跡調査以後の発見例を中心に紹介し、弥生時代の早良平野について考えてみたいと思います。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
7月22日から8月27日のうちの金・土・日ならびに8月14日、15日は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
8月14日、15日は開館、8月16日は休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019