展示・企画展示室

No.539

企画展示室3

市制施行130周年記念
福岡市 これまでとこれから2

令和元年7月17日(水)~10月27日(日)

はじめに
九州沖縄八県連合共進会全景(開催地福岡)
九州沖縄八県連合共進会全景
(開催地福岡)

 明治22(1889)年に福岡市が誕生してから130年目を記念して開催している企画展示「福岡市 これまでとこれから」の前半では、福岡市がどのように発展してきたのかについて、市政資料、地図や写真、生活道具などから振り返ってみました。130年の間にめまぐるしく変貌を遂げた福岡市では、その過程で発見された遺跡や資料が数多くあります。今回は、都市化や地域の開発とは切り離せない発掘調査とその時代背景について紹介します。

都市発展の基礎
福岡城跡第12次調査(肥前堀)
福岡城跡第12次調査
(肥前堀)

 道路や鉄道、港湾、空港など都市の発展には交通網の整備が不可欠です。明治43年に開催された、第13回九州沖縄八県連合共進会を契機として整備された路面電車は、福岡城の外堀だった肥前堀を埋め立てた上に開通しました。この時に埋められ、長年人々の足元に眠っていた肥前堀は、かつて天神一丁目にあった福岡県庁が移転した後の昭和59(1984)年頃から、天神地区の開発に伴う数回にわたる発掘調査で再びその姿をあらわしました。現在の福岡市庁舎建設に際して行われた調査では、肥前堀の形態が判明しただけでなく、明治42年以前の生活用具も多く出土しました。江戸時代の終わりから明治時代にかけて、堀が作られた当初の役割が意識されなくなり、保守・整備があまり行われていなかったのではないかということが推測されます。

 都市部の激しい交通渋滞の解消のため、昭和48年に福岡市議会が高速鉄道(地下鉄)の建設・経営を決定、昭和50年から工事が開始され、昭和56年には室見~天神間が開業し、翌年以降にも続々と延伸されていきます。一方で、市民の足として活躍していた路面電車は、自家用車の普及や人々の生活スタイルの変化とともに次第に姿を消し、昭和54年にはすべての路線が廃止となりました。地下鉄工事開始直後の昭和51年、荒戸工区で福岡城の石垣が発見されたことをきっかけとして、地下鉄の工事でも事前に埋蔵文化財の確認、発掘調査が実施されることになりました。西新町(にしじんまち)、藤崎(ふじさき)、祇園(ぎおん)などの地点で地下鉄の建設に伴って実施された発掘調査によって、これまで解明されていなかった歴史の一部が少しずつ明らかになっていきました。特に、初めて調査が実施された博多遺跡群からは、文献等で示されていた中世博多の歴史と一致する内容の遺構や遺物が多く見つかり、注目されました。以降、博多では200回を超える発掘調査が実施され、その重要性から一部の出土資料2138点が平成29年度に国の重要文化財に指定されています。

雀居遺跡第2次調査(福岡空港)
雀居遺跡第2次調査
(福岡空港)

 福岡空港は、昭和20年、旧陸軍席田(むしろだ)飛行場として開場しました。現在では羽田、成田、関西に次ぐ大規模空港となっています。乗降客数や航空貨物輸送量の増大に対応するために行われた整備工事に伴い、発掘調査が初めて実施されたのは平成3(1991)年のことでした。福岡市に文化課が発足し、行政による埋蔵文化財の調査が広く行われるようになったのは、今からちょうど50年前の昭和44年以降のこと。それ以前から運用されていた空港内は、埋蔵文化財調査の及ぶことのなかった空白地帯でした。雀居(ささい)遺跡と名付けられたこの遺跡からは、縄文時代の遺物をはじめ弥生・古墳時代の生活の跡、古代の公的機関や条里制に関わる痕跡、中世の水田にいたるまで、時代ごとのさまざまな様相がよみがえってきました。

休館日

開館時間
9時30分~17時30分
(入館は17時まで)
※7月22日~8月26日の金・土・日・祝日、8月13日~8月15日は20時まで開館(入館は19時30分まで)
休館日
月曜(祝日の場合は翌平日)
※5月4日~5月6日は開館し、5月7日休館。
※9月21日~9月22日は開館し、9月23日休館。
※休館日は変更になる場合があります。随時HPにてご案内しますのでご確認ください。
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019