展示・企画展示室2

No.535

企画展示室2 黒田記念室

死絵 −明るく笑ってさようなら−

令和元年5月8日(水)~7月7日(日)

出品資料

※すべて館蔵・旧吉川観方コレクションより。

このほか、国立歴史民俗博物館のご協力で、資料画像を参考展示しています。記して御礼申し上げます。
1 死絵 尾上松禄Ⅰ 見立涅槃図 歌川国貞Ⅰ
2 日蓮涅槃図 作者不詳
3 死絵 尾上松緑Ⅰ 歌川国貞Ⅰ
4 尾上松禄Ⅰ一周忌 坂東彦三郎Ⅱ五十四回忌 歌川国貞Ⅰ
5 死絵 市川団之助Ⅲ「二代目市川門之助」 歌川国直Ⅰ
6 死絵 沢村田之助Ⅱ 歌川国直Ⅰ
7 死絵 市川門之助Ⅲ 歌川国安Ⅰ
8 死絵 坂東三津五郎Ⅲ 歌川国安Ⅰ
9 死絵 瀬川菊之丞Ⅴ 歌川国貞Ⅰ
10 文政年中ヨリ天保三年迄追善役者附 歌川国芳
11 死絵 中村芝翫Ⅰ 春好斎北洲
12 市川海老蔵Ⅴに対面する市川団十郎Ⅷ 歌川国貞Ⅰ
13 死絵 松本錦升Ⅰ 作者不詳
14 舞台仕掛け図 作者不詳
15 死絵 市川団十郎Ⅷ「心のうち」 作者不詳
16 死絵 市川団十郎Ⅷ「辞世 おしろ富士…」 長谷川貞信Ⅰ
17 死絵 市川団十郎Ⅷ「うしろ不二…」 作者不詳
18 死絵 市川団十郎Ⅷ「お升さん…」 作者不詳
19 死絵 市川団十郎Ⅷ「なに故に…」 作者不詳
20 死絵 市川団十郎Ⅷ「むぢやうの風」 作者不詳
21 死絵 市川団十郎Ⅷ「八さんまァ…」 作者不詳
22 死絵 市川団十郎Ⅷ「わさおきの…」 作者不詳
23 死絵 市川団十郎Ⅷ「ひいきする…」 作者不詳
24 死絵 市川団十郎Ⅷ「正席を…」 作者不詳
25 死絵 坂東志うかⅠと市川団十郎Ⅷ 極楽道中図 作者不詳
26 死絵 市村竹之丞Ⅴ 歌川国麿Ⅰ
   死絵 片岡仁左衛門Ⅷ 作者不詳
   連生坊 歌川国芳
   死絵 松本錦升Ⅰ「弾正直則」 歌川国貞Ⅰ
27 帯(博多織)江戸時代
28 死絵 坂東志うかⅠ 作者不詳
29 死絵 市川猿蔵Ⅰ 作者不詳
30 死絵 尾上菊五郎Ⅳ 歌川国貞Ⅰ
31 死絵 市川海老蔵Ⅴ 作者不詳
32 死絵 尾上菊次郎Ⅲ 作者不詳
33 東京新富座真図 作者不詳

主要参考文献

林美一「死絵考 その上―死絵の発生期とその展開―」『浮世絵芸術』45(1975)
林美一「死絵考 その下―八代目市川団十郎切腹事件―」『浮世絵芸術』46(1976)
新藤茂「図版解説 豊国「市川海老蔵死絵」」『浮世絵芸術』125(1997)
石橋健一郎「図版解説 豊国「岩井杜若死絵」」『浮世絵芸術』125(1997)
藤澤茜「死絵に見る役者の人気」『浮世絵芸術』146(2003)
原道生「死絵について―基礎的事項の確認―」『生と死の図像学―アジアにおける生と死のコスモロジー―』(2003)
伊藤信博「「果蔬涅槃図」と描かれた野菜・果物について」『名古屋大学言語文化論集 30(1)』(2008)
国立歴史民俗博物館 展覧会図録『異界万華鏡―あの世・妖怪・占い―』(2001)
国立歴史民俗博物館 資料図録7『死絵』(2010)
国立歴史民俗博物館『ライデン国立民族学博物館・国立歴史民俗博物館所蔵 死絵』(2016)

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
※7月20日(土)~8月25日(日)の金、土、日と8月12日(月祝)~8月15日(木)は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
休館日
月曜日(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)、12月28日~1月4日
※ゴールデンウィーク(4月28日(日)~5月6日(月・振休))と、お盆の週(8月11日(日)~8月18日(日))は休まず開館します。
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019