展示・体験学習室

特別展示

特別展示は、グランドホール正面の階段を右側にのぼった特別展示室で行なわれます。当館企画の展覧会ほか、さまざまな主催者が歴史と文化に関する展示を期間を限定して行なっています。

日伊国交樹立150周年記念 「世界遺産 ポンペイの壁画展」
LA PITTURA PARIETALE ROMANA A POMPEI

展覧会名
日伊国交樹立150周年記念 「世界遺産 ポンペイの壁画展」
LA PITTURA PARIETALE ROMANA A POMPEI
展覧会概要

クリックでPDFが開きます。

《赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス》
後1世紀後半 ナポリ国立考古学博物館蔵
©ARCHIVIO DELL'ARTE - Luciano Pedicini / fotografo

古代ローマの美の世界が、時空を超えて福岡にやってきます!

 18世紀に再発見されたポンペイの遺跡は、古代ローマの人々の豊かな暮らしを今に伝え、世界中を魅了し続けています。1997年に世界遺産に登録され、年間200万人以上の観光客が訪れるポンペイの遺跡は、「秘儀荘」を筆頭とする壁画の美しさで知られ、〈ポンペイの赤〉と呼ばれる特徴的な色彩は、一度目にすると忘れられない鮮やかさです。

 本展は、ポンペイの出土品の中でも最も人気の高い壁画に焦点を絞り、壁画の役割と、その絵画的な価値を紹介するものです。壁画コレクションの双璧である、ナポリ国立考古学博物館、ポンペイ監督局の貴重な作品群から、約80点を厳選し、「建築と風景」、「日常の生活」、「神話」、「神々と信仰」と描かれたテーマごとに紹介し、古代ローマの人々が好んだモチーフや構図、その制作技法に迫ります。

 出品作品のなかでも《赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス》(右画像)は、ギリシャ神話を題材にした美しい壁画で、本邦初公開であると同時に、海を渡って初めて持ち出される大変重要な作品です。ポンペイ壁画のまさに決定版ともいえる展覧会を、ぜひご覧ください

TWITTER FACEBOOK
「世界遺産 ポンペイの壁画展」 特別番組
タイムトラベル×ミュージアム
~奇跡の古代都市・ポンペイに迫る!~

2017年5月上旬にテレビ西日本で放送予定です。
会  期
平成29年(2017年)4月15日(土)~6月18日(日)
休 館 日
月曜日
開館時間
9時30分~17時30分(入館は17時まで)
会  場
福岡市博物館
〒814-0001 福岡市早良区百道浜3丁目1-1
(TEL:092-845-5011/FAX:092-845-5019)
観 覧 券
一般1,500円(1,300円) 高大生800円(600円)、小中生500円(300円)
※( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上(シルバー手帳等の年齢を証明できるものを提示)、外国の方(パスポート、在留カードなど国籍で証明できるものを提示)の割引料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示した人の介護者1人を含む)、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示の場合は無料。

◎チケット取扱 = ローソンチケット(Lコード 82357 )、チケットぴあ(Pコード 768-069 )、セブンイレブン、イープラス、CNプレイガイド、ファミリーマートほか主要プレイガイドにて発売。

※会期中のチケットは当日料金での販売となります。
※チケットは購入の際に各プレイガイドによって各種手数料がかかる場合があります。
主  催
福岡市博物館、西日本新聞社、テレビ西日本、TVQ九州放送
協  賛
旭化成、大日本印刷、日本通運
協  力
アリタリア-イタリア航空、日本貨物航空
学術協力
ナポリ国立考古学博物館、ポンペイ監督局
後  援
外務省、文化庁、イタリア文化財・文化活動・観光省、イタリア大使館、イタリア文化会館-大阪、伊日財団、福岡日伊協会、イタリア会館・福岡、福岡EU協会、福岡県、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、福岡市文化芸術振興財団、西日本リビング新聞社、FM FUKUOKA、cross fm、LOVE FM、西日本鉄道、九州旅客鉄道、福岡市タクシー協会、一般社団法人日本旅行業協会、西日本新聞TNC文化サークル、西日本文化サークル連合
アクセス
市営地下鉄
 博多駅から約13分、天神から約7分
 西新駅(1番出口)より徒歩約15分

西鉄バス
《博多から》博多バスターミナル1F5・6番のりばから約25分
《天神から》天神バスセンター前1Aのりばから約20分
博物館北口、福岡タワー南口、博物館南口下車徒歩約5分


都市高速百道ランプより約3分(無料駐車場250台、大型バス10台)
◎土日祝や会期末は駐車場や周辺道路が混雑します。公共交通機関をご利用ください。
展覧会HP
http://www.nishinippon.co.jp/cp/pompei/
イベント情報
ギャラリートーク

本展担当学芸員によるギャラリートークを開催します。

【日時】     第2・4水曜日 14時~

【会場】     福岡市博物館 特別展示室

※お申し込みは不要です(ただし本展入場者が対象)

イタリアンマンス"イタリアンド2017"

福岡でイタリアの文化を楽しむイベントを開催。

【日時】     4月~随時開催

【お問い合わせ】
イタリア会館・福岡 TEL:092-761-8570
http://italiakaikan.com/italiando/

「イタリアワインフェスティバル2017 Vino! Vino!! Vino!!! vol.5」

試飲ブースやセミナーでイタリアワインを楽しめるイベント。

【日時】
6月18日(日)11時~ 17時
【会場】
ホテルニューオータニ博多(3階「芙蓉の間」)
【お問い合わせ】
トレ・バンビーノ TEL:092-534-4488

予告

国立カイロ博物館 黄金のファラオと大ピラミッド展
The Golden Pharaohs and Pyramids
The Treasures from the Egyptian Museum, Cairo

展覧会名
国立カイロ博物館 黄金のファラオと大ピラミッド展
The Golden Pharaohs and Pyramids
The Treasures from the Egyptian Museum, Cairo
展覧会概要

クリックでPDFが開きます。

ツタンカーメンをしのぐ黄金の微笑、降臨!

 およそ4500年前、エジプト古王国時代(紀元前2686~2160年頃)、クフ王・カフラー王・メンカウラー王という3人のファラオが建造した巨大ピラミッド群。今なお、世界中の人びとを魅了してやみません。いにしえより「世界七不思議」の筆頭にあげられる巨大建造物です。ピラミッドはどのような人びとが建築にたずさわったのか?、その工法は?、建造したファラオは?、そして何よりもファラオが大ピラミッドを作った目的は何なのか?、ピラミッドとファラオは多くの謎に包まれています。

 本展は、世界最大の古代エジプトコレクションを誇る国立カイロ博物館から、選りすぐりの約100点を公開します。展示の中核となるのは、大ピラミッドを建造した古王国時代の至宝です。ピラミッドを建てた偉大なファラオや王家の女性、貴族、建設を支えた人びとたちの壮大なドラマに迫ります。

会  期
平成29年7月8日(土)~ 8月27日(日)
休 館 日
毎週月曜日
ただし7月17日は開館、翌18日休館、8月14日、15日は開館、8月16日は休館
開館時間
午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
トワイライトミュージアム
7月22日から8月27日のうちの金・土・日
ならびに8月14日、15日は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)
会  場
福岡市博物館
〒814-0001 福岡市早良区百道浜3丁目1-1
(TEL:092-845-5011/FAX:092-845-5019)
観 覧 券
一般1,500円(1,300円) 高大生900円(700円) 小中生500円(300円)
※( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上(シルバー手帳等の年齢を証明できるものを提示)、外国の方(パスポート、在留カードなど国籍の証明できるものを提示)の割引料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示した人の介護者1人を含む)、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示の場合は無料。
※トワイライトミュージアム実施時間(7月22日から8月27日のうちの金・土・日ならびに8月14日、15日の午後5時30分から午後7時30分まで)は団体料金で入場可。ただし会場での販売分のみ。

◎チケット取扱=ローソンチケット(Lコード83323)、チケットぴあ(Pコード768-274)、セブンイレブン、イープラス、CNプレイガイド、ファミリーマートほか主要プレイガイドにて4月1日から発売開始。

※会期中のチケットは当日料金での販売となります。
※チケットは購入の際に各プレイガイドによって各種手数料がかかる場合があります。
主  催
福岡市博物館、RKB毎日放送、西日本新聞社
協  賛
協  力
国立カイロ博物館、エジプト・アラブ共和国考古省、学校法人昌平黌 東日本国際大学、NPO法人太陽の船復原研究所、日本エジプト学会、早稲田大学エジプト学研究所広報部、独立行政法人国際協力機構(JICA)、カタール航空、ルフトハンザ カーゴ AG、日本通運
企画協力
アケト
後  援
外務省、エジプト大使館、福岡県、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡商工会議所、西日本リビング新聞社、LOVE FM、西日本鉄道、(一社)日本自動車連盟福岡支部、(一社)福岡市タクシー協会、西日本文化サークル連合、西日本新聞TNC文化サークル
アクセス
市営地下鉄
 博多駅から約13分、天神から約7分
 西新駅(1番出口)より徒歩約15分

西鉄バス
《博多から》博多バスターミナル1F5・6番のりばから約25分
《天神から》天神バスセンター前1Aのりばから約20分
博物館北口、福岡タワー南口、博物館南口下車徒歩約5分


都市高速百道ランプより約3分(無料駐車場240台、大型バス10台)
◎土日祝や会期末は駐車場や周辺道路が混雑します。公共交通機関をご利用ください。
イベント情報
ナイトミュージアムツアー

ファラ男

さあ、懐中電灯を持って、夜のピラミッドを探検だ!!ファラ男くんが案内するよ。

【日時】 平成29年7月25日(火)、8月3日(木)
 午後7時から9時まで(入場は午後8時30分まで)

【会場】 福岡市博物館特別展示室

【定員】 各日とも300名(数量限定、無くなり次第終了)

【観覧料】 一般 1,500円 高大生 900円 小中生 500円
(セブン-イレブンでのみ取扱い)

※中学生以下は保護者の同伴が必要

トワイライトコンサート

【日時】 平成29年7月28日(金) 午後7時から

【会場】 福岡市博物館1階エントランス

【出演】 九州交響楽団メンバーズ、福岡市立福岡西陵高等学校管弦楽部

※申込不要、参加無料
※悪天候の場合は、時間等が変更になります。

学芸員によるギャラリートーク

【日時】 ①平成29年7月21日(金)午後4時 ②8月4日(金)午後6時

【会場】 福岡市博物館特別展示室

※申込不要、参加無料(ただし、当日の観覧券が必要)

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
7月22日から8月27日のうちの金・土・日ならびに8月14日、15日は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
8月14日、15日は開館、8月16日は休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019