展示・企画展示室1

No.492

企画展示室1

聖者のかたち -羅漢-

平成29年4月25日(火)~6月11日(日)

◇はじめに
1 釈尊一代記(部分)

1 釈尊一代記(部分)

お寺などに行くと、赤色に塗られたお坊さんの像「お賓頭盧(びんずる)さん」や、ずらりと並んでそれぞれ個性的な姿をした五百羅漢の石像を見かけることがあります。あの少し不気味だけれど、どこかユーモラスな像は釈迦の弟子の姿をあらわしたもので正しくは「阿羅漢(あらかん)」、親しみを込めて「羅漢(らかん)さん」と呼ばれます。
阿羅漢は古代インドで用いられたサンスクリット語「arhat(アルハット)」の音写語で「尊敬・施(ほどこ)しを受けるに値する聖者」、意訳して「応供(おうぐ)」(『岩波仏教辞典』)などと説明されています。簡単に言えば仏教徒が守るべき規則(戒律(かいりつ))を守り、厳しい修行の末に釈迦の教えを正しく理解し、もはや学ぶことのない境地に達した僧侶を意味します。
羅漢は、最初は釈迦の弟子たちを指していました。しかし、中国では田に肥料を施せば多くの収穫が得られるように、羅漢を供養(くよう)すれば大きな果報(かほう)が得られるとする福田思想(ふくでんしそう)が生まれ、仏(ぶつ)・菩薩(ぼさつ)と並ぶ信仰の対象になりました。特に唐(とう)時代に三蔵法師(さんぞうほうし)・玄奘(げんじょう)が訳した『大阿羅漢難提蜜多羅所説法住記(だいあらかんなんだいみったらしょせつほうじゅうき)』(法住記)には釈迦が入滅(にゅめつ)する時、現世に留まり正しい教えを護り伝えるように託した16人の大阿羅漢が説かれ、以後その画像や彫像が制作されるようになりました。
本展示では館蔵資料の中からこうした羅漢を描いた絵画作品を紹介し、仏教の聖者がどのように表現されたのか見ていくことにします。

◇仏伝図(ぶつでんず)の中の羅漢
2 涅槃図(部分)

2 涅槃図(部分)

釈迦の誕生から入滅(にゅうめつ)までを描いた「釈尊一代記(しゃくそんいちだいき)」(図1)は、ネパールで制作された仏伝図です。上段には誕生から悟りを開く降魔成道(ごうまじょうどう)、下段には初めて法を説く初転法輪(しょてんぼうりん)から入滅(にゅうめつ)・分舎利(ぶんしゃり)までの各場面があらわされています。
羅漢が登場するのは初転法輪の場面で、釈迦がかつての修行仲間であった5人の比丘(びく)(出家者)に法を説いています。『増一阿含経(ぞういちあごんきょう)』というお経には、このときコンダンニャという比丘がまず悟りを開き、他の4人もこれに続いて羅漢になったと記されています。
その後も釈迦の弟子は次第に増え、やがて多くの羅漢が登場します。その中には智慧第一(ちえだいいち)と呼ばれた舎利弗(しゃりほつ)や、神通第一(じんつうだいいち)の目犍連(もっけんれん)、多聞第一(たもんだいいち)の阿難陀(あなんだ)といった十大弟子も含まれ、やがて彼らは教団を支える指導者になっていきます。
やがて釈迦は80歳の生涯を終えて入滅(涅槃(ねはん))の時を迎えます。その様子をあらわした涅槃図(ねはんず)にも羅漢の姿を見ることができます。中国・清(しん)時代に福建(ふっけん)地方で活動した孫億(そんおく)の「涅槃図」(図2)は、薩摩(さつま)(現・鹿児島県)坊津(ぼうのつ)の興禅寺(こうぜんじ)旧蔵の作品で、画中には天上界の神々や釈迦の生母・摩耶夫人(まやぶにん)、海中から姿をあらわした竜王などとともに多数の羅漢が集まる様子が描かれています。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019