展示・企画展示室

No.555

企画展示室2 黒田記念室

『日本書紀』の時代の筑紫

令和2年5月19日(火)~7月19日(日)

  日本紀を修む。
  是に至りて功成りて奏上す。
        (『続日本紀』)

図1 瓦に刻まれた「評」の文字
図1 瓦に刻まれた「評」の文字

 『日本書紀(にほんしょき)』(以後『書紀』)は今から1300年前に完成した歴史書です。奈良時代、養老(ようろう)4年(720)5月21日に、元正(げんしょう)天皇に奏上されました。天武(てんむ)天皇の時に史書の検討が始まってから40年もの歳月をかけて完成されたその中には、「筑紫」を舞台にしたさまざまな記述を見ることができます。

図2 志賀海神社縁起
図2 志賀海神社縁起

 神功(じんぐう)皇后が筑紫を訪れる「新羅(しらぎ)征討」の話は、『書紀』と筑紫のかかわりの中で欠かすことができません。「儺縣(ながあがた)」(博多付近)・「橿日宮(かしひのみや)」(香椎)など博多湾岸も舞台となり、志賀島(しかのしま)にある志賀海(しかうみ)神社の縁起絵(図2)には、征討の様子が描かれています。

 さて、『書紀』の神功皇后紀は、実年代や性格が異なる様々な史料や説話をもとにした記述であり、史実として捉えるには注意が必要です。一方で皇后紀は外国の歴史書や金石文(きんせきぶん)にみえる倭の五王以前の筑紫の様子を知る手がかりになります。大陸に向かう海に面し、有力者の滞在が度々みえる筑紫関連の記事からは、王権の中央集権体制確立への政策をうかがうことができます。

休館日

開館時間
9時30分~17時30分
(入館は17時まで)
※7月22日~8月26日の金・土・日・祝日、8月13日~8月15日は20時まで開館(入館は19時30分まで)
休館日
月曜(月曜が祝休日にあたる場合は翌平日)
※5月4日~5月6日は開館し、5月7日休館。
※9月21日~9月22日は開館し、9月23日休館。
※11月30日以降は設備等改修のため休館(2021年4月頃開館予定)
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
pressrelease

Facata(博物館だより)

  • 福岡市博物館 市史編さん室
  • ふくおか応援寄附
  • 福岡ミュージアムポータルサイト
  • (財)福岡市文化芸術振興財団
  • 福岡検定
  • (公財)福岡観光コンべンションビューロー
  • 福岡市の文化財
  • 福岡市博物館Googleアートプロジェクトに参加

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019