博物館案内

館内マップ

 福岡市博物館の建物は2階建てになっています。
 1階は体験学習室やふだんみなさんが見ることのできない、収蔵庫や事務室、機械室などがあります。 いっぽう2階は展示室や読書室、情報検索コーナーなど、みなさんに利用してもらうためのスペースとなっています。

施設案内リーフレットのダウンロード(PDF)

1F

2F

施設・サービスについて

1F

1Fマップ
体験学習室(みたいけんラボ)
 アジア各地、九州のおもちゃや楽器、衣服、生活の道具などがあります。自由に手にとったり、音を出したりして下さい。友達どうしや親子でゲームをしたり、民族衣装を着て写真を撮ったり、さまざまな体験ができます。

詳細はこちら

ミュージアムショップ
 金印のレプリカをはじめ、博物館資料をヒントにしたオリジナルグッズ、また歴史や文化に関する書籍を取りそろえています。博物館が独自に編集した図録、『新修 福岡市史』などの刊行物もお求めいただけます。
 ミュージアムショップで販売している図書や、金印レプリカなどのオリジナルグッズの通信販売を希望される方は、ミュージアムショップ(電話番号 092-823-2800)へお問い合わせ下さい。

詳細はこちら

2F

2Fマップ
常設展示室
 「FUKUOKA アジアに生きた都市と人びと」をテーマとし、福岡の歴史と人々のくらしを紹介しています。展示は、11のコーナーに分かれています。始まりと締めくくりのコーナーは、多くの人が知る福岡の代表的な文化遺産がテーマ。コーナー1では、国宝 金印「漢委奴国王」、コーナー11では「博多祇園山笠」について取り上げています。

詳細はこちら

企画展示室
 歴史や文化に関するさまざまなテーマを設け、博物館資料や館外の文化財を展示しています。4室あり、2ヶ月程度で展示替えをします。

詳細はこちら

特別展示室A・B
 日本や世界各地の歴史や文化に関する多種多彩なテーマの展覧会を、年間5~6本開催します。

詳細はこちら

施設・サービスについて

博物館でより快適に過ごしていただくための施設・サービスのご案内

総合案内
 館内のサービスについてお聞きになりたいこと、お困りのことがございましたら、まずは総合案内にお越しください。開館時にはスタッフが常時待機しております。お気軽にお声をおかけください。
チケット売り場
 チケット売り場は、2Fの各展示室の入口にございます。
情報検索コーナー
 タッチパネル端末を使って、30万件以上の博物館資料のデータベースにアクセスできます。市内の文化財や遺跡・史跡に関する情報もご覧いただけます。
○博物館情報検索コーナー「博物館e収蔵庫」
 常設展示室前に設置された8台のタッチパネル端末を使って、博物館の施設、展示の解説、所蔵品データベース、博物館だより(Facata)のバックナンバー、AVライブラリーなど、さまざまな情報が簡単にご覧いただけます。
喫茶・談話室

 2Fには、博物館の前庭を眺めながら本格的なお食事が楽しめる喫茶・談話室がございます。季節または展覧会の内容にちなんだ特別メニューもあります(期間限定)。

詳細はこちら

授乳室
 小さなお子様連れのお客様がご利用いただける授乳室があります。ベビーベッドや流し台もございます。ご利用の際はお近くのスタッフにお声をおかけください。
 乳幼児をお連れのご家族でも、ご家族のペースで博物館を楽しんでいただけるように授乳室を設けました。
 利用時間は9:30~17:30(夏季開館時間延長時は19:30)までです。
 中は共有スペースのほかに、授乳用の個室2部屋あります。共有スペースにはシンクや車いすに対応したロータイプのオムツ替えベッドなどを設置しています。オムツ替えベッドはこれまで通り1階北側の女性トイレ、2階北側の男性トイレ・女性トイレにも設置しています。

車いす、ベビーカーなどの貸出しを行っています。
ご利用の方は、1F総合案内のスタッフまでお声かけください。

読書室
 2階東南の一画にある、南向きの明るく静かなスペースです。大きな窓いっぱいに広がる景色を一望しながら、落ちついた雰囲気の中で、ゆっくりと読書が楽しめます。
 展示室を見終わった後で、その展示に関する理解をより深めたり、新たな知識の発見の手助けとなるような場所としてご利用ください。
 学芸員が選んだ読書室の図書(展示関連の考古・歴史・民俗・美術、郷土図書や児童書)は、お隣の総合図書館とはひと味違った品揃えになっています。ただし、多くの来館者がいつでも利用できるように、貸し出しはせず、閲覧のみとなっています。
 読書室に置かれていない学芸員用の専門図書でも、希望があれば読書室で閲覧することができますので、あらかじめ問い合わせください。
講座室・講室
 講座室は3つあります。
 講座室1は、広さは約200平方メートルあり、150人まで利用できます。2階のいちばん南側、読書室の横にある講座室2は、広さが約100平方メートルで最大34人収容。もっとも小さな講座室3は、広さが70平方メートルで最大20人収容できます。講座室は、福岡の歴史と、郷土に暮らした人々の生活に関連するさまざまな講習会や研究会に利用されています。
 講堂は、250平方メートルの広さで247席(固定)あります。ここでは、いろいろなテーマで開催される講座・講演(歴史学講座、考古学講座、民俗学講座、美術史講座、体験学習室講座などがあります)のほか、博物館学習で訪れる市内の中学生のオリエンテーションがおこなわれています。ステージは左、中、右の3つに分かれていて、それぞれが別々の高さに調整できます。真ん中だけを上げて演台にしたり、フロアとステージの高さを同じにして舞踏の公演をおこなうといった、さまざまな使い方ができるようになっています。
  講座室・講堂の利用は有料です。お問い合わせは、管理課管理係までどうぞ。
展望ロビー
 博物館2階の北側にあります。全面ガラス張りの明るいロビーは、展示室で疲れた体を休めるのにぴったりです。広さはおよそ170平方メートルあり、壁に沿ってベンチも設置してあります。
 ロビーの壁には斎藤秋圃(1769~1861)の「博多・太宰府図」と「万葉集」の歌6首が刻まれています。「博多・太宰府図」は、博多湾沿いを陸側から俯瞰的に描いたもの、万葉の歌はいずれも博多湾の地名を詠み込んだもので、いずれも福岡の海を取り上げた作品となっています。

万葉の歌6首
志賀のあまの 塩やく煙 風をいたみ 立ちは昇らず 山にたなびく 読人不知
いざ子ども 香椎の潟に 白妙の 袖さへぬれて 朝菜摘みてむ 大伴旅人
以上2首 石川筑舟氏揮毫
今よりは 秋づきぬらし あしひきの 山松かげに ひぐらし鳴きぬ 読人不知
しろたへの 袖の分かれを 難みして 荒津の浜に やどりするかも 読人不知
以上2首 池邊松堂氏揮毫
風吹けば 沖つ白波 恐みと 能許の亭に 数多夜ぞ寝る 読人不知
からとまり 能許の浦波 立たぬ日は あれども家に 恋ひぬ日はなし 読人不知
以上2首 田村寿麻氏揮毫

グランドホール
 博物館に入ると、そこは大きな吹き抜けの空間になっています。ここがグランドホールです。高さが28.5mあり、アーチ状の屋根の頂部にある採光窓からは、外光が取り入れられるようになっています。白い天井の側面には、博多織独特の伝統的な献上文様が浮き彫りにされています。
 ホール内には、春はどんたく、夏は山笠、秋は放生会、冬は十日恵比須と、四季折々の博多の祭りを再現した博多人形が置かれ、季節感を出しています。この人形は博多人形師、西頭哲三郎氏の製作・監修によるもので、アジア太平洋博覧会のパビリオン「福岡鴻臚館」に出品されたものです。
 博物館全体を300分の1に縮小したもので、館のようすがわかりやすく示されています。自分が今いる博物館を見おろすというのも、なかなかおもしろいものです。
収蔵庫
 ここが博物館のお蔵、一番大事なお部屋です。お蔵といっても蛍光灯(退色防止のため紫外線をカットしてあるもの)で室内は十分に明るく、昔の蔵のイメージはありません。室内は資料保存のために一年中室温20度、湿度60パーセントに保たれています。
 フローリング仕上げの床に杉板張りの天井や壁。資料を整理しやすいように木製の棚などが配置されています。まだ余裕がありそうですが、収蔵品は増えていくばかり。博物館の設計段階から、既に収蔵庫は増築することが考えられています。
オープンテラス
 「ちょっと休憩したい」「何か飲みたいけれど・・」といった多くの来館者された皆さんの声に応えるべく、開放的な空間をご用意致しました。明るいスペースにはテーブル・イスを20席ほど配置し、自動販売機もあります。

休館日

開館時間
午前9時30分~午後5時30分
(入館は午後5時まで)
休館日
毎週月曜日
※月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館
※年末年始の休館日は12月28日から1月4日まで
pressrelease
文化学芸職募集

Facata(博物館だより)

福岡市博物館

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
TEL:092-845-5011
FAX:092-845-5019